台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
目標とかなりたい自分とかはなかった、と言い切れないですが「必ずこうなりたい!」みたいな事は、あまり思ったことがありませんでした。そもそも私は身体が弱かったし、家庭の経済状況も良くなかった事や、その他の要因もあって色々と諦めてばかりだったと思います。今でも、こう言う風になりたいなぁ、とかこうなれば良いなぁ、と言う漠然とした気持ちや野望はありますが、それを必ずしも達成したいとは考えていません。側から見たら優柔不断でしかないと思いますが、環境的要因というのは自分では如何ともし難いのを嫌という程経験しているからかも知れません。

今台湾に居るのも、望んで居るわけでもない部分があります。台湾の生活に関しても中国語が話せる状態になった現在では特に大きな問題はないですし、続けようと思えば続けられるでしょう。でも、それを無理して続ける気もないのです。自分にとって「ここじゃないと絶対にダメだ」という感覚とは程遠い状態で毎日過ごしていますし、他にチャンスがあれば私は喜んで行くでしょう。

自分自身がこのブログで台湾の大学への留学を希望して居る方にはある程度目標や目的を持って来た方が良いよ、と度々書いてはいますが、あくまでも一般論として書いている部分があり、自分の今までの過去を振り返ると偉そうな事を言えるとも思えないのは、また事実です。

それでも、自分の中には理想みたいなものはあって、それは少しずつでも実現できれば良いかな、と思う事は時々あります。年齢や生活状況を考えると、何を今更みたいな感じにはなりますが、でも諦め切っていた大学で歴史を学ぶ事が出来たのは、自分にとっての人生の転機だったとも思います。そして、4年間と1年間で休止したままの大学院生活と、そしてこの2年間も続いている台湾でのお勤め生活が、自分に色々な角度の視点や考え方を与えてくれたことは否定できないと思っています。

私は幸いにして、何となく漠然と思っていたことが、少しづつですが実現していて、それが自分を前に進ませてくれる原動力となっている気もします。私自身、信念とか、強い意志を持ち得るほど肉体的にも精神的にも強くありません。元々そういうのも好きではない、というのもありますが……。

だから、自分には実力があるとか、才能があるとも思えないですし、たまたま続けて来られたことが、何とか役に立っていて幸運だったのかな、と思っている部分があります。また、周りの人達にも沢山助けられましたし、アドヴァイスとかも貰えたりして来ました。

自分自身が何か意識してここまで人生を歩んで来た感じは今でもしません。それが良いのか悪いのか、も判りません。今でも迷うし分からないことも沢山あります。ああ、でももしかしたら色々なことを諦めて来たんじゃなくて、横に一時的に置いてきただけなのかも知れません。本人はその当時諦めたと考えていたとしても。もしかしたら、そうやって横に置いてきたものを、出来そうになった時に一つ一つ、箱から取り出しているのかも知れません。実際に諦めたものも、少なくないとは思いますが。

自分でも自分のことは良く解らないし、多分この先も解らないと思います。でも、やっぱり色々なことは知りたいし、色々な場所にも行きたい。新しい技術とかにも相変わらず興味があります。

相変わらず取り留めのない記事ですが、最後に。台湾生活10年目に突入しました。本当にこんなに長く台湾にいるとは思いませんでした。これも緣分なんですかね。特に意識もしていませんし、この先もどうなるかは判りませんけれど……。

[PR]
by ken1horie | 2017-09-19 10:59 | | Comments(0)
 今年は暖かい1月1日を迎えた台北です。
 新年あけましておめでとうございます、今年もよろしくお願いいたします。

 このblogも今年は9年目を迎える事となります。更新の頻度は相変わらず多くはありませんが、それでもなお時々は思い出したように記事を書き、今に至っています。生活の場も、宇都宮から台湾台北へと移り、また語学留学から、大学への正規留学を経て、現在は大学院を休学して、台湾で会社勤めをしています。今更過去のエントリーを読み返す気にはならないのですが、考え方やものの見方は、blogを始めた当初からは、かなり変化しているかも知れません。このblogを今でも続けているのは、特定の記事が今でもそれなりの閲覧数があるのも、一つの理由です。今でも閲覧数が多い記事は、台北での部屋探しに関するもので、私自身も部屋探しでは難儀した部分もあり、何らかの参考になってくれればな、とも思っています。

 それでも、こうして異国の地でなお何とか生活し続けられているのは、何かしらの縁があるのでしょう。2008年8月末に台湾へ来た時には、ここまで長く台湾にいるとは想像もつきませんでした。そして、この先何年かは、やはり確実に台湾にいるだろう、とも思います。私自身の台湾生活も8年目へと突入しました。台北も大きく変わりました。これからも変わり続けるでしょう。

[PR]
by ken1horie | 2016-01-01 17:37 | 台湾生活 | Comments(0)

休学と方向転換

 休学手続きを済ませました。これで、2年間休学。大学院に戻る事は多分無いだろうけど、もし最後の最後に可能性があれば、戻ってこよう、とは思います。今後は無事に工作許可証が降りれば、台湾でお勤め生活が始まります。

 大学4年間と、大学院の1年間、併せて5年間を台湾大学で過ごしたわけですが、とても幸せな時間でした。私の場合は日本では大学で学ぶ事を完全に諦めていましたし、台湾に来た理由も、大学受験が目的ではなく、1年間の休憩みたいな意味合いが強く、その後日本で仕事探しの予定でした。

 2008年9月に起きたリーマンショックの影響で予定が狂い、何とか2年間語学学校で中国語を学び、軽い気持ちで入学申請した台湾大学は申請が通り、4年生の1学期には歴史系の成績優秀者で表彰され、大学生活の記念品も得る事が出来ました。大学院は、大学で書いた学士論文を元に研究をさらに進める予定でしたが、やはり経済的な問題が終始付き纏い、結果先ずは休学して仕事をする事にしました。お世話になったとある教授からは、惜しいとも言われましたが、概ね仕事は見つかって良かった、と好意的には受け止められており、また指導教授は私の方向転換を心から支持してくれました。確かにここで、歴史研究を止めるのには、悔しさが無い訳ではありません。ただ、現実を見据えた場合、この先の事も考えた場合、やはりこうするしかなかった、とは思います。

 それでも、私は何かと幸運ではあった、と思います。大学は歴史を専攻していましたが、日本では機械設計の仕事をしていたために、今回台湾で採用通知を得た面があり、人生とは本当に判らないものだと思いました。また、仕事の内容も今までの経験と多少なりとも関係もしており、人生の経験は、それなりに無駄にならないもんだな、と苦笑いしています。

 私自身に与えられている選択肢は、元々多くありませんでした。それは、今に至るまで変わりません。私自身、目先の事だけで、色々と決断している、と非難されても甘受するしかない生き方をしているのは、否定出来ません。何しろ、先々の事を考えられる経済的余裕のある生活なんて、あまり経験がありませんから。それこそ、なるようにしかならない人生でしたし、多分今後もそうでしょう。それでも、今回の休学にあたって、少なくない方が私を支えてくれているのを改めて感じました。だから、これから仕事をするとしても、頑張って行けるかな、と思う部分があります。

 今後は、blogの内容も大学や大学院の内容から、就職と、その後の生活の事へと変化するでしょう。今回の就職活動に関する内容も、後日改めて、きちんとした記事にしたいと思っています。

 しかし、私も気がつけば、台湾での生活が8年目に突入しました。ここまで長くいるつもりは、当初毛頭なく、今でもここに残りたい、という感覚は強くはありません。天国は何処にもありません。台湾も日本も、自分にとって好きな面がある一方、嫌いな面もあります。だから、自分がいる場所で、自分なりの楽しみを見つけて、色々と上手く妥協しながら生きていくしかないのでしょう。それは、日本にいても、台湾にいても変わりません。

 最後に、繰り返しになりますが、私は本当に大学で、それも台湾大学の歴史系で学べて良かった。本当に幸せな時間でしたし、多くの事を学ぶことが出来ました。そして、大学で学ぶ意味も、多少なりとも知ることが出来た、と思います。ただ、私にとっては幸せな5年間ではありましたが、他の人が必ずしも同じように感じるとは思いません。私自身も、台湾大学で学びたい、と相談されれば、全面的に同意するつもりもありません。正直な所、楽ではないと思います。確かに科目を上手に選択すれば、そんなに大変な思いをしないで、卒業は可能でしょう。しかし、基本的に読む量とレポートの多さは否定できません。私は、他の学部については判りません。あくまでも、歴史系においてのみしか事情は知りません。それでも尚、学びたいと思う人が挑戦して、その学ぶ事から、楽しさや面白さ、そして奥深さや、複雑さを感じてもらえるなら、こんなに嬉しい事はありません。
[PR]
by ken1horie | 2015-08-27 16:48 | 台湾生活 | Comments(0)

夏休み前半終了

夏休み、卒業条件の英語の授業を受けている所為もあって、夏休み的な実感が薄い毎日を過ごしています。昨日、前半の授業が終わり、点数的にはパスしている筈なので、ホッと一安心と言うところでしょうか。来週から、後半部分の授業を受け、問題なく卒業条件の一つをクリアしたい所です。
前学期の成績も全て出揃い、ホッとしています。内容的には、自分には出来過ぎかも、と言う感じなのです。とは言え、それは置いておいても、この年齢で学期ごとに成績が着実に上がっている状態を見ると、そこまで成績に固執していない自分でも、嬉しさを感じずにはいられません。また、年齢を重ねても、学ぶ事によって、伸びる部分があるのを実感しています。

しかしながら、夏休みなので、多少はのんびりしています。読みたい本もあるし、英語もちゃんと勉強しないと、と思いながらも、どうも学期中の反動が出てしまい、ダラダラと過ごし勝ちで、苦笑いせずにはいられません。元々、勤勉とは程遠い部分があるので、仕方ないのですが。

最近、歴史を学ぶ事は、自分自身について知る事で、そしてそれは自分自身を更に未来へ繋げる事なんじゃないのか?と感じています。だからこそ、過去や歴史を真摯に見つめる事が必要なのではないのか?と。歴史については、多くの言説によって成り立っていると言えなくもないでしょう、キース・ジェンキンスの言う様に。しかし、言説であればこそ、その各時代の人達が何を考えてきたのか、も知る事が出来ます。結局歴史は、その歴史の事象の上に成り立つ、各時代の人達が考えてきた事の現れなのかも知れません。ただ、知識量が絶対的に不足している私には、断定は出来ませんし、する気もないですが……。
[PR]
by ken1horie | 2013-07-31 13:13 | 台湾大学留学 | Comments(0)

新北市板橋區農會超市

 先日のエントリーに書いた、新北市(旧台北縣)の板橋區にある農會のスーパーマーケットへ1週間前に行ったので、それをちょっと記録しておこうと思います。

 サイトのURLはこちらです。
 http://panchiao.tpcgo.org.tw/web/Topic?mapID=9098
 オンラインでも、商品が購入可能です。
 http://www.pcstore.com.tw/letsgo

 実は、霧峰農會のお酒を買いに行ったのですが、残念ながら売り切れていました。しかし、色々と店内を見渡してみると、各地の農會の商品が売られており、また台湾土産を買うのにも便利な所でした。
 写真は有りませんが、今回私は日月潭の紅茶を買って来たのですが、これが個人的に大変気に入り、また機会があれば買いに行こうと思っています。そして、このスーパーマーケット自体、交通の便が良い場所に有るのです。MRT板南線の府中駅の1番出口を出たら、すぐ右側に有ります。ちょうど右手を見ると、ビルが有り、そこに大きな看板があるので一目で判る筈です。スーパー自体は、地下にありますが、迷う事は無いでしょう。
 たまには、ちょっと変わったお土産を探しで行くにも適していますし、台北在住の方には、日常食品を求めて行ってみるのも、いいでしょう。また、府中駅は、林家花園への最寄り駅でもあるので、その帰りに寄ってお土産を選ぶのも、いいかも知れません。
[PR]
by ken1horie | 2013-03-04 21:42 | 台湾 | Comments(0)
 2013年も始まり、3年生の1学期も終了。今は成績が出揃うのを待っている状態です。3年生も半分終わり、いよいよ卒業後はどうするのかを真剣に考えないといけない時期にもなってきました。

 それはさておき、冬休み、少しはぶらっと何処かへ行こうかな、とも考えています。行くかどうかは判りませんが。それでも、やはり休みに入るとホッとしますし、自分でも気付いていない疲れが出て来ます。休みは必要なんですね……。

 最後に、今年も多分更新は少なめですが、本blogを宜しくお願い致します。また、時々ですが更新はしていなくても、過去の記事で良く読まれているものは、今年も追記したりして行きます。自分自身、更新の少ないblogを閉じようかと一時期思いましたが、それでも特定の記事は割と読まれている方が少なくないのもあり、存続させる事にしました。何かしらのお役に立っていそうなので、そういうのも含め、これからも細々とですが、blogは続けて、更新もして行こうと思っています。

 本年も、宜しくお願い致します。
[PR]
by ken1horie | 2013-01-16 13:10 | | Comments(0)

4月になりました

 早い物で、もう4月。本日の清明節も終わりに終わろうとしています(日本のお盆みたいな日で、お墓参りをする日です。なので、お休みとなっています。)。

 今学期、ちょっと授業が重いのと、目新しいネタが無い為に、ブログは滞り気味。でも、ここは無理せずに、ずっと続けるつもりなので、暫くはご容赦下さい。

 最近感じるのは、英語は特にそうですが、中国語もネットで色々とお金を掛けずに勉強出来るサイトが増えて来た気がします。私は何が何でも語学学習を、とは言いませんが、でもやはり違う言語を、道具として使う様になってから、日本語に対する見方も、ちょっと変わって来ました。

 言語は、やはり思考の為の基本的な道具であり、欠かす事が出来ない核心部分でもある、と。

 まぁ、今更何を行っているんだ、ボケ!って感じですけれどね(苦笑)。
[PR]
by ken1horie | 2012-04-05 00:40 | | Comments(1)

クリスマス感が薄い

 台北だけなのか、それとも自分が学校と寮の往復の様な生活をしているからなのか、クリスマス感が薄いのです。ですが、台湾に来てから、確かに日本みたいにイルミネーションが華やかだったり、クリスマスソングが流れていたり、と言う感じは少ないです。
 自分なりに、何でなのかな?と思ったのですが、今の時期は、大学生は忙しいのです。今頃がレポートの締め切り期日だったり、1月頭に期末試験があったりと、クリスマスどころではない学生さんは、少なくないのではないでしょうか?
 また、仕事に関しても、旧正月が目前に迫っていて、色々と忙しい時期に突入していきます。
 つまり、台湾の場合、クリスマスって時期的に悪く、いまいち盛り上がりに欠けるのではないでしょうか?もしかしたら、台北のクリスチャンが少ないとか、別の要因もありそうですが、私にはちょっと判りません。
2014.3.05追記
 台湾ですが、クリスチャンは多く、一番多いのが、長老派教会。カルヴァン派の一つで、台湾史にも、その足跡を残しております。台湾史に於ける、キリスト教の影響も、研究すると非常に面白い分野である事は、間違い有りません。

 さて、私も御多分に漏れず、レポート書きをしております。期日も迫っております。そして、それが終われば期末テスト突入です。何とか、何とかやってこれました。期末テストも、何とかクリア出来れば、と思っています。

 今年は、色々な事がありました。まさに、激動の年だった、と言えるでしょう。残りあと約1週間。出来ることなら、何事も起こらない事を祈っています。そして、少し早いですが、皆様良いお年をお迎え下さい。
[PR]
by ken1horie | 2011-12-23 02:57 | 台湾 | Comments(0)

何と言えばいいのか…



ご冥福をお祈り致します。
[PR]
by ken1horie | 2011-10-06 20:51 | | Comments(2)

午後4時

d0127529_1781250.jpg

中山北路の喫茶店にて

夏休みも、普段と変わらない速度で過ぎて行きます。きっと、あっと言う間に2年生の1学期を迎えるんじゃないのかな、と思う毎日。少しくらい、次の学期の予習をしないと……。苦手な英語も、少しはレベルアップさせないと。夏休みの間は、台湾大学語学中心の英語班へ通っています。結構楽しみながら通っています。

それでも、友達と出かけたりする機会が普段より多く、色々と普段は行けない所へ行ったりして、楽しんでいます。

出かけると言えば、健康中心(学校内にある病院)の先生が「日本に興味が有って旅行に行きたいんだけれど、英語が通じないから……。」と言っていたのが、ちょっと気になりました。どうも、個人旅行がしたいみたいなんですね。台湾でも、地方に関しては英語が通じる状況が少ないと聞いていますが、台北では、喫茶店やマクドナルドのアルバイトでも、英語で対応している場面を時々見かけます。また、バス停でバス待ちの台湾人と外国人が英語で会話している場面も、時々見かけます。ですが、東京では、あまりこういう場面を見かけません。日本の各観光地の魅力を高めるのに、外国語での対応も必要なんじゃないのかな?と、感じたんですよね。

私は誰でも何でも英語を覚えろ、と言う英語主義者ではありませんが、やっぱりもうちょっと日本語も含めて、今の言語教育って何とかならないのかな、と感じる部分があるのです。
[PR]
by ken1horie | 2011-07-19 17:26 | 台湾 | Comments(0)