台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:日常生活 ( 3 ) タグの人気記事

 海外での生活で、同調圧力がないのか?と問われたら、台湾の場合だと、それはないと自分は答えます。多分、台湾で生活している日本人其々の立場が違うと思うので、あくまでも自分の場合は、と前置きした上での話なのですが。恐らく、台湾に来たばかりで、中国語もあまりよく判らない状態であれば、同調圧力を感じずに過ごせると思います。自分も台湾に来た当時は中国語が話せませんでしたし、何しろ1年か2年したら帰る気でいたのもあって、周りの事をあまり気にしていない部分が確かにありました。留学で台湾に来たとしても、日本へ帰る、またその後に他の国へ行く、となれば、やはり現地の生活には深く関わる事はあまりないかも知れませんし、その必要もないでしょう。これは、駐在の方も同じではないでしょうか?

 私は台湾以外の外国で生活した事がないので、他の国の事は判りません。ですが、台湾の場合、少なくともお客さんでいられると快適に過ごせると思います。正に、台湾人の「好客(お客様をもてなす事が好き)」な性格を、お互いに上手に利用しながら過ごす事になると思います。ましてや、社会的地位が高い人であれば、余計にその確率は高くなるでしょう。そういう意味では、台湾の人達はお客さんを相手にするが上手だなぁ、と感じる時がままあります。しかし、現在の自分の様にローカル採用でローカル企業で働き、仕事上では中国語と片言の台湾語で過ごしていると、やっぱり台湾も同じように同調圧力や村社会的な感覚ってあるんだなぁ、と言わざるを得ません。ましてや、私の場合は台湾で「伝統産業(所謂一般製造業)」と呼ばれている業界の中で仕事をしていると、余計に同調圧力や村社会的な感覚を目の当たりにする機会があります。


 以前の記事にも書いていると思いますが、現在働いている場所と、台湾大学にいた時の雰囲気は全く違います。台湾大学の場合は、ある意味リベラルで、ポリティカルコレクトネス的な空気も多少はあり、また多様な意見に対して寛容な部分がありました。少なくとも、私が過ごしていた部分では、の話ですが。しかし、現在の働いている環境は、日本の製造業の雰囲気とあまり変わらず、保守的で所謂おっさんの世界です。私自身、日本でも少なくない時間を製造業に身を置き仕事をしていましたが、仕事内容よりも、この保守的でおっさんの世界が、堪らなく嫌でした。今でも、そういうのは好きではないし、やっぱり慣れないなぁ、と思いながら過ごしています。私自身は、そういう保守的なおっさんの世界に対して批判的ではありますが、それは時代を反映している部分もあるので、仕方ないな、と思う部分があります。個々の人達は、良き人たちでもありますし、所謂普通の人達と言えるでしょう(当然その普通である、という部分に対して定義づけは必要でしょうが、この記事は学術論文ではないので、敢えてこのような表現とさせて下さい)

 台湾では転職や独立して会社を興すのが、日常的であるとも聞いていましたが、自分の周りの人たちの話を聞いていると、割と会社を去った人たちに対して「裏切りやがって」とか「逃げやがって」てという感じの言葉を耳にします。そういったギャップも、もしかしたら外国人と言う立場では耳にする機会は殆どないのかも知れません。ですから、私自身は、そういった村社会的な感覚から発せられた言葉に違和感を感じずにはいられませんでした。現在台湾で生活していて、自分が外国人である事を感じながら生きていますが、でもある程度はこの場所に同化している部分があると思います。そういう同化してしまった部分や、現実的な側面を知っている場合、やはり「お客さん」として台湾にいる場合には耳にすることが出来ない現実的な話を聞く機会があると思います。そして、自分が同調圧力を感じてしまうのも、そういった現実的な側面を知っていたり、この場所で生きている人たちの言葉の、その語感をある程度感じられる様になったから、かも知れません。

 ローカルで暮らすモノリンガルの人達と一緒に長い時間を過ごす機会というのは、外国人にとっては多くはないでしょう。ましてや、その場所で一生を過ごす人たちと共に働く機会も、あまりないかも知れません。そして、彼らの本音を聞く機会も、そんなにあるとも思いません。私自身も台湾について多くを知っている訳ではありませんし、生活の場はあくまでも台北が中心です。台北以外の場所の事は知らないと言ってもいいでしょう。私自身がこうして書いている記事も、台北での生活の全てを表している訳ではありません。そして、それは私の目や感覚を通した内容で、側面的な部分でしかありません。全てが見えている訳ではありませんし、あくまでも私を通しての断片的な事でしかないでしょう。ただ、それだとしても外国には同調圧力がない、村社会的ではない、という言説に対し、多少なりとも異を唱えたい部分があるのは、間違いありません。結局、外国でもマジョリティーは、その場所から一生離れる事がないモノリンガルの人達ではないか、と思うからです。そういう事も頭に入れながら、国際化の意味を問うたりする必要があるのではないか、とぼんやりと思うのです。

[PR]
by ken1horie | 2017-11-26 15:09 | 台湾生活 | Comments(0)

台湾での自炊生活

 台湾での生活、と言っても私は台北での生活経験しかありませんが、一人暮らしである場合、自炊をするのは中々難しいと思います。理由として、一人暮らし用のアパートにはまず台所がなく、自炊する事を想定した部屋として作れられていない事が殆どです。友達でも、一般家庭向けの部屋を友人や同級生同士等でルームシェアしている場合とかは、自炊をしていたりする場合もありますが、やはり状況によって、人それぞれでしょう。確かに一人暮らしの場合、日本と違って自炊するにはあまり便利ではない感じです。市場で材料を買う場合でも、大体の場合は家庭用の分量が中心となりますし、スーパーでも日本みたいに、一人暮らし用の小分けパックされたものが売っているわけでもありません。私の台湾人の友人でも、料理ができる人は多い感じもありません。

 現在、一人暮らしでもなく、一般家庭用の部屋に住んでいるのもあり、自炊生活をしています。現在住んでいる所は、台所は広く、ガスコンロもあり、冷蔵庫も一般家庭で使われているサイズのものが備えられています。この場所に決めた理由の一つは、台所が広い事もありますが、住む場所としてちゃんとしてた事が、最大の理由でしょう。台湾で部屋を借りる場合、生活に適した部屋を見つける事が、個人的には難しい気がしています。尤も、一人一人の要求条件が違うので何とも言えませんが、現在住んでいる場所は、私が台湾で初めて住んだ風通しの良い部屋であることも違いありません。ですから、雨続きの台北の冬でも部屋の空気が重くなる感じもなく過ごしています。
 これはあくまでも、個人的な感想でしかありませんが、台北で部屋探しをしていると、どうも生活に適した、というより見てくれ重視の部屋が多い感じがします。あくまでも、個人的にそう感じているだけなのですが。

 さて、今回の記事の自炊に関してですが、自分の場合は基本的に週末になると市場へ行き野菜、果物、肉類を買ってくる形で、材料が足りなくなると平日にスーパーで少しだけ買い足す形でいます。生鮮食品に関しては、市場で買う方が圧倒的に物がいいと感じているで、平日でも市場で買えればいいのですが、そこは自分の場合は難しいので、出来る範囲でしかしていません。また、お昼にはお弁当を持参していますが、基本的には晩御飯のおかずを詰めていく形でしています。
 お弁当箱は台湾のステンレス製の物を使っており、会社にある加熱保温器で、温めています。この、お弁当の加熱保温器で温めたお弁当ですが、熱々に温まる上に、電子レンジでの温め直しと違い、均一にムラなく温まるので、個人的には気に入っています。カレーやパスタ、ドリアや焼き餃子もお弁当で持って行ったことがありますが、問題なく熱々に仕上がっていました。豚バラ肉の角煮をお弁当に持って行った時なんかは、脂身がふわふわにとても美味しく温まります。
 普段作っているおかずに関しては、それこそ日本にいる場合とあまり変わらず、炒め物を作ったり、豚バラ肉を煮たり、時々は鳥唐揚げなんかも作ったりと、週末の空き時間や平日の余裕に合わせています。ただ、毎日必ず作るわけでもなく、例えば焼き餃子であれば、台湾大学の辛亥路側にある阿玉水餃を焼いて(フライパンで通常の焼き餃子と同じ様に焼いています)いたりとか、パスタに関しては瓶詰のパスタソースを利用したりとかしています。カレーは既製品のカレールーを使っていますし、ドリアとかグラタンっぽいものは、やはり既製品のシチュールーを使っています。また、棒ラーメンをはじめとしたインスタントラーメン類も利用しますし、キャベツが安い時期は、お好み焼きを作ったり、真空パックの茹でうどんを買ってきて、焼きうどんなんかも作ります。

 調味料に関しては、台湾にあるもので大体済ませていますが、日本へ行った時に買ったりとか、あるいは台湾に来る友達にちょっとだけ買ってきてもらったりとかしています。台湾でも日本の調味料を買うことはできますが、日本よりも高い場合が殆どです。とはいえお味噌に関しては日本の物の方が好みなので、こちらは日本の物を使用しています。お醤油に関してですが、台湾の物でも砂糖や化学調味料を添加していないものがあるので、それらを選び使っています。調理酒、砂糖、塩、酢、油類は台湾の物を使っていますが、特に不便を感じたことはありません。また、中華系の調味料、例えばオイスターソースや、XO醤、豆鼓、豆板醤なんかは普通に手に入るので、日常的に使用しています。
 ただ、台湾での洋食系の材料は今でも入手が難しいか値段が高めです。私自身は和食が食べられなくても、そんなに問題はないのですが、時々チーズとか、ソーセージとか、生ハムとかが食べたい人なのです。そんなに高級なやつじゃなくて、それこそ日本のスーパーで売っているようなもの、シャウエッセンとか、特売の切り落とし生ハムとか、チーズもミモレットやゴーダが時々食べれられればいいだけなんですが、台湾は基本的に乳製品が高く、食べたいと思えるチーズ類が総じて高いです。また、ワインも安ワインでいいのですが、日本で買うよりも高めに感じます。あと、普通のソーセージやベーコンが甘いので、こちらも選ぶ必要があります。自分がよく食べるのは、イケアの冷凍フランクフルトで、値段や味を勘案すると、これが一番無難に感じています。なんだかんだとイケアの冷凍食品類は、時々利用しています。

 さて、自炊でのコストや光熱費とかですが、これは人それぞれ違うと思いますので、何とも言えません。でも、自分の場合は、一人暮らしの外食時より、大幅に下がりました。光熱費を含めても、一人暮らしの時よりも、下がっています。今住んでいる所の大家さんは、光熱費に関して実際の電気、水、ガス会社から来た金額をそのまま請求してくるだけなのもあり、光熱費に関して個人的には一人暮らしの時よりも安く感じています。
 一人暮らしの所謂套房では、例えば電気代に関してはメーター1度数5~6元とか、そんな契約になるので、実際台湾電力からの請求金額より高い場合が殆どでしょう。そういう部分も、大家さん次第となるのですが、そういうのもあり、以前部屋探しの記事にも、部屋を探すときは大家さんの人柄も大切と書いた記憶があります。
 実際、自炊に関しては自分自身の考えでは、無理してやるものでもないと思っています。自分の場合は、食べたいものが自分で作れる環境にあることも、自炊をしている理由の一つです。それと、気分転換にもなるので作っている部分があります。元々、私は台所で料理をしながらお酒を飲むのが好きな人ですし、台所で本を読んだりとか、お茶やコーヒーを飲む習慣もありました。そういう意味では、台所がある部屋に台湾でも住みたいと思っていましたし、その方が自分の生活には合っている、ということだと思います。

[PR]
by ken1horie | 2017-02-12 14:13 | 台湾生活 | Comments(0)
 業務上の必要性から、クレジットカードを作ることにしました。実を言うと、5月にも一度作ろうとして、給与振込先の某銀行へ行って申請をしたのですが、審査に落ちてしまいました。台湾では、外国人がクレジットカードを作るのが、あまり簡単ではないらしく、そんなニュースも以前はちらほらとあったみたいです。

 今回は、中国信託銀行で新規口座を開設して、クレジットカードを作ることにしました。中国信託銀行にした理由ですが、以前台湾で仕事をしていた知り合いが、中国信託銀行では簡単に作れた、と言っていたのもありますし、また別の親しい人も同じくここで作っていました。余談ではありますが中国信託銀行自体も、台湾のセブンイレブンにはATMを置いており、手数料なしで簡単にお金を下ろせたりと、非常に便利な銀行でもあります。

 クレジットカード自体は、銀行からの電話での本人確認もあり、問題なく作れたようです。ただ、私自身が、働いてようやく1年経った身でもあるので、提出する資料は少なくありませんでした。偶々今回給与振込先の通帳、しかも直近の取引を全て記帳済みのを持っていたので、こちらで年収の証明が出来たことは、ラッキーでした。また、先日更新した私の居留証も3年期限のものだったので、こちらもプラスに働いた可能性があります。
 しかしながら、これはあくまでも個人的に感じたことで、本当にそうなのかは判りませんが、新規口座開設も、クレジットカードの申請に関しても、どうも政権交代後は、以前よりも面倒で厳しくなっているような雰囲気はあります。以前に同じように中国信託銀行でクレジットカードを申請した人からは、パスポートと居留証だけで出来たよ、なんて話も耳にしました。実際のところは私も判りませんが、この辺はこれからクレジットカードを申請する方がいるのであれば、ちょっと聞いてみたい部分でもあります。

 また、中国信託銀行は、在台日本人向けのクレジットカードも用意しており、日本語の申請書類もあります。しかしながら、それを利用してクレジットカードを作った人からは、本人確認の電話は、全部中国語で来て、一切日本語とかなかった、との事でした。その後その方は色々と細かいトラブルがあり、サービスセンターに電話した時も、全部中国語でやり取りしていた、との話も聞いているので、やはりこうこう手続きには中国語が必要とまず思っていた方が間違いなさそうです。
 私自身も、銀行の受付窓口でも、全て中国語で対応しましたし、本人確認及び、クレジットカードの特典説明の電話も全て中国語でしたし、やはり中国語がある程度できると、心配はないでしょう。

 また、クレジットカードを作る時に必要なものも、多分各銀行によって違うと思いますが、パスポート、居留証、収入を証明するもの(給与振込先の通帳でも良いし、年収が判るもの等があればいいかも知れません。1年分の給与明細とか。)があれば、基本的に大丈夫だとは思いますが、勤め先の統編番号とかも記入する場合もありますので、自分の名刺も用意しておいた方がいいかも知れません。

 最後になりますが、やはり外国人がクレジットカードを作りやすい銀行はあると思います。今回の中国信託銀行以外にも、あると思います。私の場合は、偶々知り合いで持っている人がいたので、こういう選択になりましたが、確かに5月に審査に落ちた給与振り込み先の銀行でクレジットカードの申請をした時には、窓口で「外国人がクレジットカードを作るのって、出来たっけ?」という感じでした。今回、中国信託銀行で手続きをしていた時に、行員さんが慣れている感じもありましたし、やはり、そういう意味では銀行を選ぶ必要がありそうです。
[PR]
by ken1horie | 2016-10-06 18:56 | 台湾生活 | Comments(3)