台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

南投魚池鄉紅茶の旅

 冬休み、折角の機会なので、台湾紅茶の故郷と呼ばれる、南投魚池郷に行ってきました。今回行ったのは、曾て日本統治時代の三井製茶(現在は台湾農林)の工場だった、日月老茶廠魚池鄉農會のスーパーマーケット(サイトには紅茶館となっていますが、どうも紅茶館はないみたいで、スーパーの中に、紅茶の陳列スペースがあるだけの模様)です。
 朝早く台北を出発すれば、公共交通機関の乗り継ぎで、交通費も比較的安く日帰りで行けます。しかし、日月老茶廠の工場見学に関して、その日に工場の説明をするボランティアさんが不在の場合は、一般開放部分のみしか見学出来ず、工場内の見学は出来ないので、事前確認が必要でしょう(要中国語)。

 今回、行きは台中まで高速バスで移動し、台中から日月老茶廠へ直接行く路線バス時刻表はコチラ)を利用しました。台中から日月老茶廠へ行くバスは、悠遊卡が使えますので、事前に500元程チャージしておくと、安心です。バス停を降りて、来た路を少し歩いて戻ると、日月老茶廠の入り口があります。
d0127529_11491940.jpg

 入り口から工場の間までは坂になっており、茶園が続いています。写真以外にも、茶園の敷地を拡大している工事もしていました。
d0127529_11502338.jpg

d0127529_11503510.jpg

 そして、坂を上り切った所に、工場があります。
d0127529_11511984.jpg

 見学可能な一般開放部は、この様な感じです。
d0127529_11534968.jpg

 そして、お茶を加工したあとも、ハッキリと残っています。茶葉の破片が残っていました。
d0127529_11545873.jpg

 今回見学は出来ませんでしたが、入り口から写真を撮った工場部分がこちら。
d0127529_11554239.jpg

 工場入り口には、作業日報の黒板がありました。
d0127529_11582218.jpg

 売店では、試飲用の紅茶(台茶18号)と緑茶(烏龍茶)が置いてあり、また台湾農林が生産しているお茶以外にも、オーガニックや無農薬等の農産品も販売しております。売店の反対側には、写真の様にテーブルと椅子が用意されていて、ちょっと休憩したり、売店で買った物を試飲のお茶と共にお喋りしながら楽しめる様になっています。テーブルや椅子の後ろには、茶畑があります。
d0127529_1202238.jpg

d0127529_1203614.jpg

 そして、茶畑で撮った一心二葉の様子。綺麗な茶葉ですね。茶畑の茶の状態を見ると、確かに農薬等は使われていないか、或は使用量を減らしているのが、分ると思います。茶園は、この工場周り以外にもあるのですが、この工場とその周りの茶畑の様子からは、丁寧な作りをしている印象を受けました。私自身も、日本から友達が来ると、台湾農林の台茶18号茶葉をお土産として、友達に渡すのですが、好評です。
d0127529_1261828.jpg

 魚池鄉農會へは、日月老茶廠から、徒歩15分くらいで着きます。バスが来た路を戻って行けば着きます。バスに乗っても行けますが、本数が多くないので、歩いた方が無難でしょう。また、魚池鄉農會に関しては写真が無いのですが、ここのスーパーで売っている紅茶アイスクリームが、とても美味しかったです。濃厚な紅茶の味と香りがするミルクティーアイスクリームでした。

 因に、台湾農林の紅茶ですが、以前のエントリーにも書いた様に新北市板橋區農會超市(新北市板橋区にある農會のスーパーマーケット)でも、購入が可能です。台北旅行の折に、ちょっとここまで足を伸ばしてお土産選びをするのも、いいかも知れません。
 魚池鄉からの台北へと戻るルートは、バスで集集線の車程站(かつて木材の集積所があった所)まで移動し、台鐵で台中まで移動し、そして高速バスで台北まで戻って来ました。因に、このバスで車程站への移動途中に、大観発電所(日本統治時代に作られた大型水力発電所で旧日月潭第一発電所)の近くを通り、その姿を眺める事が出来ました。今回も、鉄道とバスに詳しい友人の協力があって行けた部分もあり、この友人には毎回申し訳なく思う反面、感謝もしています。いつも有り難う。

 そして、南投は、既に桜がほころび始めていました。
d0127529_12285582.jpg


 日帰り旅行のため、日月潭そのものには行かず仕舞でしたが、個人的にはとても楽しめました。日月潭にも行くのであれば、今回の帰りのルートの集集線方面ではなく、行きは先に日月潭へ行き、日月老茶廠、魚池郷と戻り、そのまま台中へ移動し台北に戻るルートが良いかも知れません。また、土日はもしかしたら交通渋滞や、混雑等もありそうなので、可能であれば平日に行く方がいいかも知れません。平日であれば、高速バスの料金もかなり安く、また高速道路の渋滞の心配もかなり減らせます。
[PR]
by ken1horie | 2014-01-24 12:39 | 台湾 | Comments(0)

同級生との関西旅行

 日本に一時帰国をした時に、同級生の関西旅行にガイド兼通訳として、一部の日程に同行しました。自分自身の予定や台湾へ戻るチケットの関係で、彼らの一週間の旅行のうち、4日間だけに同行したのですが、確かに疲れも感じましたが、お互いに楽しめた事が、良かったな、と感じた旅でした。

 しかし、本当に自分が18くらいの頃にしていた旅行と同じノリで、今の年齢でそれをするのは、確かにキツいのですが、昔を思い出しつつ、また今でもそれに短期間であれば対応出来る自分も再発見出来た旅でもありました。

 ほんの少しですが、写真も撮ったので、久々にアップします。
d0127529_232843100.jpg

 羽田空港での夜明けの時の写真。羽田から関西空港へ向かいました。

d0127529_23294488.jpg

 大阪城。

d0127529_2330249.jpg

 そして銀閣寺。

 京都は、また行きたいなって感じました。
 
 来週から、新学期が始まります。科目も既に選択済み。冬休みの残り一週間で、授業に対応出来る様に、自分を調整しないと。

(SONY α33+TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF])
[PR]
by ken1horie | 2012-02-14 23:34 | 台湾大学留学 | Comments(0)
 燈台を後にして、お昼ご飯を食べる事にしました。しかし、春節で兎に角、人が沢山居て、食べる所を探すだけでも、また一苦労しました。やっとの事で、お昼ごはんを済ませた後は、海沿いの公園へと、海沿いを走っていきました。

 直線道路が続き、自転車とバイクの並走は、さぞかし大変だったと思います。この点に関しては、友達に悪い事をしたな、と言う部分もあるのですが、そもそも、友達が、台湾ではバイクは乗りたくないと、断固拒否した部分も影響していました。
 とは言え、彼の言い分にも、一分はあるのです。

 友達は、台北市内で、言語交換の相手と一緒に、バイクに乗ったことがあるそうです。彼は、バイクの免許を持っていないので、乗るのは初めてだったそうです。当然、運転もした事が無いので、後ろに乗ることになったそうです。

 その話を聞いた時に、台北で乗ったのが、トラウマになっているんじゃないのかな、と思ったのですが、正にその通りでした。

 死ぬかと思った程、怖かったそうです(そりゃそうだ。バイクに慣れていない人が、台北で初めて、それも二人乗りだったら、怖いかも。台北の人の運転は、兎に角荒いから……。)。
 正直、私は何度も説得したのです。問題ないと。
 台北と違うから、問題ないよ、と。
 でも、彼は遂に、首を縦に振る事は、ありませんでした。
 仕方ないと言えば、仕方ないんですが。

 話を戻して。
 その直線道路を気持ちよく走っている時、速度計は、35km/hを差していました。友達は、私のバイクの後ろに、ぴたっと着いて走っていましたが、レンタル自転車で(取り敢えず、形だけは、MTBだった。)35km/hを出すのは、立派です。かなり、よい運動になったでしょう(笑)。

 海沿いを歩いたり、写真を撮ったり、ぶらぶらとして、それから英国領事館へ行く事にしました。朝に乗った、船で戻って行きます。この時は、3人一緒に戻ることが出来ました。

 やはり、英国領事館も人が沢山で、まさにGWの観光地化していました。それでも、そこから見える、海沿いの景色は綺麗で、着て良かったと感じました。
 その後、再び、高雄の中心地へと戻り、埠頭へ行き(名前覚えていないわ、ごめん。ここの埠頭は、愛とか、心が名前に付いていなかった。)、すっかり日が暮れたところで、六合夜市に行くことにしました。夜市でも、やはり、人、人、人。初めて、パパイヤミルクを飲んだけれど、美味しかったな。

 そして、友達はホテルへ帰り、私はエイさんと一緒に、バイクを返す為、エイさんの家に向いました。

 エイさんの家に、少しの間、お邪魔させていただいたのですが、皆さん台湾語でしゃべっておられて、「てぃやーぼー(台湾語で聽不懂の意味)」な状態でした。やっぱり、台湾南部は、台湾語が必須ですね、本当に。
 ですが、台湾の方は、知り合いになって、仲良くなると、家に招いてくれるのが、普通みたいです。こちらからすると、本当に申し訳ない部分もありますし、よそ様のお家へ行く事に対する感覚と言うのか、習慣が違うので、どうしても、気を使ってしまうのです。その辺は、あまり気にする必要は無いと言われていても、やっぱり、ダメですね(苦笑)。日本人ですから。それでも、少しずつは慣れているのでしょうけれど。
 エイさんのお家に、お邪魔させていただいた件は、本当に有り難い事でした。台湾の方の生活の一端に触れることが出来たのが、なによりも、嬉しかったです。

 余談ですが、清明節のお休みの時に、大家さんの実家(鹿港近く)へ泊まる機会があって、行ったのですが、この時も、家の中はほぼ全て、台湾語で、同じ様な状態でした。個人的な印象ですが、台北市以外の場所では、台湾語を耳にする機会が多く(桃園や新竹では、客家語になるのかな。とまれ、台北市以外では、中国語以外の言葉を耳にする機会が多いと思います。)、簡単な言葉だけでも、覚えておかないと、辛いな、と言うのが、私の場合は、本音だったりします。

 エイさんの家を後にして、ホテルへ戻りました。そして、次の日、朝早くの高鐵で台北に戻りました。
 
 こうして、今回の台湾南部への旅は、終わりました。

 足掛け、6日間、ちょっとバタバタで、無計画だったけれど、やっぱり、台湾南部は、台湾味が濃い印象を強くしました。北回帰線を越えるので、土地的にも、熱帯なんですが、人の感じも、熱帯独特の、大らかさと言うのでしょうか?そういうのが、感じられる部分もありました。

 実は、もう一度、南には行きたい。
 今度は、ちょっと時間をかけて、のんびりと歩きたい。
 夏は暑いから、冬がいいな(ヘタレですな。)。
[PR]
by ken1horie | 2009-05-02 16:47 | 旅行 | Comments(0)
 バイクを借りて、エイさんと一緒に出発し、まず最初の待ち合わせ場所の捷運西子灣站へ向いました。

 エイさんの実家は、高雄中心部から、少し南に外れている場所にあります。捷運西子灣站へ行くには、高雄中心部を通り抜けて行きます。道路は広く、バイク専用道も完備されていて、台北の様に渋滞もなく、非常に走り易かったです。そして、台北みたいな怖さがありませんでした。

 今回の旅行で、台北と違い、高雄はバイクで周った方が良いと、個人的に感じました。台北の場合は、大部分の場所が捷運で行く事が可能です。また、歩いて行ける場所も少なくありません。そして、タクシーも多く走っていて、拾うにも困らないでしょう。ですが、高雄の場合は、捷運で行ける所も限られており、尚且つ台湾のバスは、ある程度の慣れが必要です。今回泊まった高雄のホテルは、自転車の貸し出しをしていました。また、高雄火車站近くのホテルで、バイクを貸しますと看板に書いてある所もありました。

 捷運西子灣站で、友達と合流して、鼓山渡船頭に向かい、船で(自転車やバイクで、そのまま乗れる。)対岸の旗津へ渡りました。春節の休みで、兎に角人が多く、船に乗るのにも、一苦労しました。更に、料金を払う時に、係りの方が、おつりはないと言っていて、難儀してしまいましたが、幸い、真後ろに居た方が、両替してくれたので、助かりました(台湾は、本当にこういう場面が多くて、助かると同時に、感謝の気持ちで一杯です。)。
 
 実は、エイさんと友達は一つ前の船で行ってしまいました(苦笑)。乗ろうと思ったら、目の前で、次の船に乗って下さい、になってしまったのです。バイクで船に乗るのは、初めてでした。時間にして、約15分程だったでしょうか、海風が心地よく、こういうのも、たまにはいいな、と思いました。また、バイクに久しぶりに乗って、その楽しさを改めて感じました。

 対岸に着き、船を下りてから、バイクを埠頭に置いて、砲台と燈台(そんなに離れていない距離で、並んでいる。一つの山に、二つともある感じ。)に向いました。燈台からは、先ほど船に乗った埠頭が見えます。また、国立高雄中山大学も一望できます。そして、高雄の高層ビル街も一望できました。また、砲台からは、砲台の裏手にある港が見え、この景色がとても良かったです。
[PR]
by ken1horie | 2009-04-21 00:06 | 旅行 | Comments(2)
 次の日、友達はホテルで自転車を借り、私はエイさんにバイクを借り、自転車とバイクとで、一緒に高雄観光となりました。
 因みに、私は台北(高雄にもあったはず。)にある、交流協会(日本の領事館に当たる)で免許証を中国語に翻訳済みなので(NT$600かかります。また、日本のJAFでも、翻訳可能。その場合は、3000円。台湾に来てから翻訳する方が安いので、必要であれば、台湾で手続きをする事をお勧めします。)台湾では、車もバイクも、運転可能なのです。

 さて、朝、先にエイさんの実家へお邪魔させてもらい、バイクを借りました(YAMAHAの100ccのスクーター。乗った印象は日本で以前に自分が乗っていた100ccのバイクより、馬力があって、扱いやすかった。日本の原付二種は、いたずらに出力を抑えられていて、使い勝手が悪いし、見た目もカッコ悪い。正直言うと、日本国内でも、原付二種は、アシにはとても良いので、何とかして欲しい。)。

 現在、バイクもスクーターも持っていないので、台北では運転する機会がありませんが、台北で運転しない理由は、それだけではありません。
 本当に、台北でバイクや車を運転するのが怖いのです。本当に怖いのです。
 台北に旅行で来た人なら、知っていると思いますが、横断歩道を渡る時でも、右左折の車は止まらないですし、兎に角、車、バイクが優先の都市なのです。更に、慢性的な渋滞もありますし、交通に対する、公共的な感覚が、モータリゼーションの拡大に追いついていない印象と、順法意識の薄さを常々感じます。交流協会で貰う、パンフレットにも、台湾での運転は、必要に迫られた時以外、しない方がよい、としっかりと明記されていました(笑)。
[PR]
by ken1horie | 2009-04-19 18:42 | 旅行 | Comments(0)

台湾南部への旅 その9

 高雄は、台湾第二の都市です。そして、港町でもあり、個人的には横浜に似ている印象を受けました。中心部は、台北と違って、渋滞も無く、道幅も広い半面、公共交通のインフラに関しては、あまり整備されていない印象を受けました。
 実際、バスは、あまりアテにならなそうでしたし、捷運も開通したばかりで、未だ利用客は少ない印象を受けました。

 この日、真愛碼頭(真実の愛の埠頭)へ行き、その後、軽く夜市を歩き、晩御飯を食べ(牛肉餡餅が美味しかった。牛肉ひき肉が餡のお饅頭と言うか、おやきと言うか。)、新堀江商圏(日本で言うと、原宿みたいなところ。ちなみに、堀江商圏もある。新堀江は、新しく移転した所。)をぶらっと歩いて、愛河之心(愛河の心)と言う、愛河沿いの公園に行きました(愛河の道路標識の英訳はLove riverだった。確かに間違いではないのだが、微妙な感じがあった。)。この、愛河之心は、ライティングが素敵で、まさにデートスポットって感じの公園でした。以前、愛河は汚染が激しかったそうです。現在は、状況が改善され、こうして、河沿いを歩ける様になったとのことでした。

 正に高雄は、愛と心に溢れていました(いや、違うって。)。

 個人的な印象ですが、綺麗に都市として整備されている街なので、夜景が綺麗でした。
 また、余談ですが、愛河之心の近くにはラブホテルの広告があって「奥さんを変えるより、場所を変えよう(当然中国語で書いてある)」との看板がありました。
 なにも、そんなデートスポットの公園の近くに、そんな看板を、とも思うのですが。

 これで思い出したけれど、先日も鹿港(台湾中部の彰化縣にある古都)からの帰り、高速バスに乗っていた時、高速道路わきのラブホテルの看板に「女人的天堂,男人的戰場(女の天国、男の戦場)」と書いてある看板がありました。台湾は、こういう直接的な広告が普通なんでしょうかね?そっち方面でも。

 そして、この日は、愛河之心を最後に、ホテルへ戻りました。
[PR]
by ken1horie | 2009-04-18 16:06 | 旅行 | Comments(0)

台湾南部への旅 その8

 次の日、高雄へ移動です。ホテルをチェックアウトして、荷物を一時、台南駅へ預けて、少しだけ台南駅周辺をぶらぶらしました。

 この日、お昼ご飯は、2日前にお店の前を通った、小吃店にしました。理由は何のことなくて、お店の前を通った時、お店のおばさんが、小籠包を包んでいたんですが、それがとても美味しそうだったのです。実は、あまり小籠包を食べたいと思う事はないのですが、何故か、それも台南で食べたくなった、と言うのが、自分らしい気がします。
 台北感覚で注文したら、多くなる事を知った後なのに、また、台北感覚で注文してしまい、おなか一杯に食べてしまいました(苦笑)。
 因みに、小籠包ですが、美味しかったです。値段も安かったです。友達と「こういうのを食べてしまうと、鼎泰豐に行くのが、馬鹿らしいよねぇ。鼎泰豐好貴哦。」なんて言いながら、食べていました。

 さて、がっつりと食べてしまい、お腹一杯になったにも関わらず、安平豆花をその後、食べに行きました(苦笑)。お腹一杯でも、やっぱり美味しかったんです。本当に、美味しかったんです。また、食べたくて、食べたくて、仕方が無いんです、本当に。
 普段、別腹なんて……、と思っていたのですが、美味しい食べ物は、ペロリとイケてしまうんだなぁ、と思うと同時に、台南に居る間だけは、別腹が存在していたのかも知れません(笑)。

 お腹も一杯になった所で、高雄へ移動する事にしました。台南と高雄は、そんなに離れていません。區間車で、40分くらいだったかな?あっと言う間に着いてしまった感じがあります。

 高雄に着いて、言語交換友達のエイさんに連絡して、待ち合わせ場所と時間を決めました。先にホテルへ行き、荷物だけ置いて、待ち合わせ場所の捷運高雄站の改札口へ向いました。

 エイさんは高雄出身なので、今回、高雄の観光案内をしてもらう事になっていました。
[PR]
by ken1horie | 2009-04-13 21:07 | 旅行 | Comments(0)

台湾南部への旅 その7

 その後、友達は、暑さと歩くのに疲れて先に台南市街に戻りました。私は、相変わらず、LC-A+を片手に、安平の街をてくてくと、歩き回っていました。
 何が良い、と言うのはないのですが、このぶらぶらと歩くのが、とても気持ち良かった。日差しは強くて、日焼けしてしまうくらいだったんですが、真夏の暑さと違って、さらっとしていて、風は少し涼しくて、気持ち良かった。路地に入り込んだり、小学校の資料館みたいな所を見学したり。

 古い街なので、何処か懐かしい部分を感じさせてくれました。通りは人通りが多いけれど、路地裏は、人も少なく、穏やかに時間が流れていました。近くに大きな川が流れていて、土手沿いを歩いていた時、日本みたいなんだけれど、明らかに日本と違う、景色や風の匂いに、懐かしさを強く感じました。

 ホテルへ戻ってから、ビールのおつまみにしようと、安平名物の蝦せんべいを買って帰りました。蝦の味がする、軽いおせんべい、と言ったところでしょうか。ビールにとても良く合うお菓子でした。かさがあるのと、割れやすいのが、お土産にするには、ちょっと難がありますが、日本人好みのお菓子です。

 この日も、普通にホテル近くでご飯を済ませました。その後、コンビニへ行き、ビールを買って、安平で買ってきた蝦せんべいを食べながら、ビールを飲みました。台湾啤酒(ビール)の金牌が好きで、こればかり飲んでいます。個人的に、これが美味しいんです。ちょっと、味は軽めです。台湾で飲んでいる時は、特に軽さを強く感じないのですが、先日日本へ戻った時、ちょっとだけ買って帰りました。日本で飲むと、軽さを強く感じたので、気候の違いとかで、味わいが変わるのかも知れません。因みに、台湾で売っているアサヒビールのスーパードライとサッポロの黒ラベルは、日本製で、キリンビールの一番絞りは中国(大陸)製。なので、台湾ではキリンを呑む気にはなれないんです。尤も、日本のビールは、台湾啤酒に比べて、若干高めなのもあって、呑む事はありません。

 ビールで思い出しましたけれど、友達はビールが飲めなかったのですが、台湾に来てから、呑めるようになったと言っていました。台湾啤酒が口に合ったんでしょう、きっと。多分、日本に帰ってからも、それなりには呑める様になっているかも知れません。
 取り敢えず、会社のお付き合いの場で呑める様になって、よかったね。

 そういえば、書き忘れていましたが、2日目の晩御飯は、度小月の本店で、食べました。味は、台北の支店と全くかどうかは、判らないけれど、同じでした。やっぱり、本店で食べると、有難味が増しますね。台南の本店で食べる方が美味しく感じるのは、気のせいかもしれないな(笑)。
[PR]
by ken1horie | 2009-03-29 20:31 | 旅行 | Comments(0)

台湾南部への旅 その6

 台南三日目は、安平老街へ行きました。取り敢えず、バスで行ける事と、安平豆花を本店で食べたかったので。お約束の安平古堡(鄭成功のお城だったかな。)にまず最初に行きました。この中の建物の中で、案内の方が説明をしていました(中国語がメインで、時々台湾語。)。案内の方が「ここにいる皆さんは、台湾人ですね。」と最初に言ってから説明に入りました。そして、見物者に対して、時々質問をしていました。私と友人は、指されたらこまるなぁと、内心冷や冷やしながら、説明を聞いていました。自分の場合、指されたら台湾語で「私たちは日本人です。」と言った方がいいんだろうか?と、そんな事をぼんやりと考えていました。因みに、説明についてですが、殆ど判りませんでした(苦笑)。

 台南は北回帰線よりも南に位置しているので、1月末とは言いながらも、当然の様に初夏の気候でした。本当に暑くて、この旅でかなり日焼けしました。熱帯って、こんな感じなのかなぁ、なんてぼんやり考えながら、安平の街をふらふらと歩きました。

 目的の安平豆花も、本店で食べ(でも、味は支店と変わらない。本当に美味しいんです、この豆花。また食べたい。ああ、食べたい。)周氏蝦巻も食べ(長い時間並びました。ちなみに、こちらも、新光三越前のフードコートに支店があります。安平豆花の隣。)ました。こちらは、至って普通に美味しかった。個人的には、並んでまで食べるのもなぁ、と言う感じがしました。とは言え、折角、台南に行ったのですから、話しの種には、いいかも知れません。味は悪くないから。そうそう、この蝦巻ですが、ビールが欲しくなる味でした。

 本当は、あと牡蠣巻も食べる予定だったのですが、行列が長くて断念しました。次に行った時は、食べたい。是非とも食べたいものです。
[PR]
by ken1horie | 2009-03-24 22:29 | 旅行 | Comments(0)
d0127529_21331752.jpg

d0127529_21341244.jpg

d0127529_21344170.jpg

d0127529_21351314.jpg

d0127529_21353831.jpg


POLADROID
[PR]
by ken1horie | 2009-03-15 21:37 | 旅行 | Comments(4)