台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:夜間撮影 ( 1 ) タグの人気記事

 センサーサイズはAPS-Cサイズとは言え、中々よく映るFijifilm X-T20ですが、各設定感度による画質の違いを確認したく、各感度設定で写真を撮り比べてみました。ここのブログに撮影した写真をそのままアップする訳にもいきませんので、自分のFlickrへその写真をアップしました。ここには、リンクを貼る形で皆さんに参考にしてもらえれば、と思っています。
 私がごちゃごちゃと何か言うよりも、実際に各感度設定による写真を見て、比較してもらうのが一番解りやすいのではないか、とも思いますし、詳細データに関しては各リンク先の「Show EXIF」をクリックして頂ければ出てきます。リンクも各感度設定の写真を1枚ずつ貼ると却って解り難いと思うので、アルバムとして一つにまとめたのをリンクとして貼っておきます。
 リンク先にの写真は、全てJPGそのままの物を使っています。RAWデータからの現像ではありません。
 X-T20で設定できる感度はISO100~51200までで、ISO100、ISO25600及びISO51200は拡張との事です。各感度設定で撮った写真を見ながら、あくまでも個人的に感じたのは、ISO6400や8000くらいであれば、十分使用できる範囲内ではないのかな、と思いました。ISO6400時の撮影データは絞りF8.0でシャッタースピードは1/15秒でした。これくらいの高感度設定であれば、三脚なしの手持ち撮影も十分に行けるのではないか、と思いました。また、F4.0まで絞りを開ければシャッタースピードは1/30秒となりますので、十分に手持ちで行けるでしょう。もちろん、三脚を使うに越したことはないのですが。
 以前はSONYのα33を使用していました。α33では、ISO800でさえも、ノイズのざらつきが気になる感じでしたので、同じAPS-Cサイズのセンサーでもこの5年、6年の間に大きく性能がアップしたんだなぁ、と思わざるを得ません(当然カメラ本体の値段の差もありますが)。もちろん、画像処理技術も同時に進歩していると思うのでセンサーだけの性能アップではないでしょう。もしかしたら、Fujifilmさんのノイズ処理が上手いのかも知れません。とは言え、私自身が他のカメラを殆ど知らないので、あくまでも参考程度として捉えて下さい。

 しかし、こう新しいおもちゃが手に入ると、色々と写真を撮りに行きたくなるのは、仕方のないことなのでしょう。台湾の東海岸をゆっくりと、台東あたりを少しのんびりとカメラ片手に行ってみたいなぁ、なんて思っています。

[PR]
by ken1horie | 2017-04-30 16:04 | 写真やカメラ | Comments(0)