台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:その他 ( 16 ) タグの人気記事

目標とかなりたい自分とかはなかった、と言い切れないですが「必ずこうなりたい!」みたいな事は、あまり思ったことがありませんでした。そもそも私は身体が弱かったし、家庭の経済状況も良くなかった事や、その他の要因もあって色々と諦めてばかりだったと思います。今でも、こう言う風になりたいなぁ、とかこうなれば良いなぁ、と言う漠然とした気持ちや野望はありますが、それを必ずしも達成したいとは考えていません。側から見たら優柔不断でしかないと思いますが、環境的要因というのは自分では如何ともし難いのを嫌という程経験しているからかも知れません。

今台湾に居るのも、望んで居るわけでもない部分があります。台湾の生活に関しても中国語が話せる状態になった現在では特に大きな問題はないですし、続けようと思えば続けられるでしょう。でも、それを無理して続ける気もないのです。自分にとって「ここじゃないと絶対にダメだ」という感覚とは程遠い状態で毎日過ごしていますし、他にチャンスがあれば私は喜んで行くでしょう。

自分自身がこのブログで台湾の大学への留学を希望して居る方にはある程度目標や目的を持って来た方が良いよ、と度々書いてはいますが、あくまでも一般論として書いている部分があり、自分の今までの過去を振り返ると偉そうな事を言えるとも思えないのは、また事実です。

それでも、自分の中には理想みたいなものはあって、それは少しずつでも実現できれば良いかな、と思う事は時々あります。年齢や生活状況を考えると、何を今更みたいな感じにはなりますが、でも諦め切っていた大学で歴史を学ぶ事が出来たのは、自分にとっての人生の転機だったとも思います。そして、4年間と1年間で休止したままの大学院生活と、そしてこの2年間も続いている台湾でのお勤め生活が、自分に色々な角度の視点や考え方を与えてくれたことは否定できないと思っています。

私は幸いにして、何となく漠然と思っていたことが、少しづつですが実現していて、それが自分を前に進ませてくれる原動力となっている気もします。私自身、信念とか、強い意志を持ち得るほど肉体的にも精神的にも強くありません。元々そういうのも好きではない、というのもありますが……。

だから、自分には実力があるとか、才能があるとも思えないですし、たまたま続けて来られたことが、何とか役に立っていて幸運だったのかな、と思っている部分があります。また、周りの人達にも沢山助けられましたし、アドヴァイスとかも貰えたりして来ました。

自分自身が何か意識してここまで人生を歩んで来た感じは今でもしません。それが良いのか悪いのか、も判りません。今でも迷うし分からないことも沢山あります。ああ、でももしかしたら色々なことを諦めて来たんじゃなくて、横に一時的に置いてきただけなのかも知れません。本人はその当時諦めたと考えていたとしても。もしかしたら、そうやって横に置いてきたものを、出来そうになった時に一つ一つ、箱から取り出しているのかも知れません。実際に諦めたものも、少なくないとは思いますが。

自分でも自分のことは良く解らないし、多分この先も解らないと思います。でも、やっぱり色々なことは知りたいし、色々な場所にも行きたい。新しい技術とかにも相変わらず興味があります。

相変わらず取り留めのない記事ですが、最後に。台湾生活10年目に突入しました。本当にこんなに長く台湾にいるとは思いませんでした。これも緣分なんですかね。特に意識もしていませんし、この先もどうなるかは判りませんけれど……。

[PR]
by ken1horie | 2017-09-19 10:59 | | Comments(0)

同級生との関西旅行

 日本に一時帰国をした時に、同級生の関西旅行にガイド兼通訳として、一部の日程に同行しました。自分自身の予定や台湾へ戻るチケットの関係で、彼らの一週間の旅行のうち、4日間だけに同行したのですが、確かに疲れも感じましたが、お互いに楽しめた事が、良かったな、と感じた旅でした。

 しかし、本当に自分が18くらいの頃にしていた旅行と同じノリで、今の年齢でそれをするのは、確かにキツいのですが、昔を思い出しつつ、また今でもそれに短期間であれば対応出来る自分も再発見出来た旅でもありました。

 ほんの少しですが、写真も撮ったので、久々にアップします。
d0127529_232843100.jpg

 羽田空港での夜明けの時の写真。羽田から関西空港へ向かいました。

d0127529_23294488.jpg

 大阪城。

d0127529_2330249.jpg

 そして銀閣寺。

 京都は、また行きたいなって感じました。
 
 来週から、新学期が始まります。科目も既に選択済み。冬休みの残り一週間で、授業に対応出来る様に、自分を調整しないと。

(SONY α33+TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF])
[PR]
by ken1horie | 2012-02-14 23:34 | 台湾大学留学 | Comments(0)

羽田空港

 ちょっと一時帰国していたのですが、今回は松山羽田便を使ったのです。今、これから台湾に帰るのですが、羽田の無料wi-fiに接続して、これを書いています。

 羽田、便利になりました。
 成田より便利かも。

 意外と、実家から近かったのにびっくりしたんです。また、松山なので台湾に着いてからも楽なんです。

 そして、羽田空港の設備に関しても、買い物も、別に問題ないし、食べるところも結構ある。更に、無料wi-fiが至るところに飛んでいる。これだったら、今後はずっと羽田を使いたいわ。

 と、言うより、成田って不便過ぎませんか?

 羽田がもっと便利になるといいな。
[PR]
by ken1horie | 2011-08-10 17:37 | | Comments(2)

学生証を受け取りました

 昨日、入学受付を済ませ、学生証を受け取りました。

 これで、本当に大学生になったんだなぁ、と改めて実感しました。
 学生証を受け取った時、係りの方は「恭喜,恭喜(おめでとう)」と言って、手渡してくれました。本当に嬉しかったけれど、4年後、卒業してから、この気持ちを素直に出したいな、と思いました。

 でも、やっぱり、嬉しかった。
 これから、勉強出来る事が。そして、台湾の最高学府と言われている大学で勉強出来る事を、色々と自分を助けてくれた友達に、感謝しています。皆さんの手助けがなければ、自分は今の場所に居なかったでしょう。

 本当に有難う。
[PR]
by ken1horie | 2010-09-11 20:17 | 台湾大学留学 | Comments(0)

友達から聞いた話

 現在、台湾でお勤めをしている、かつてのクラスメイトから聞いた話なのですが。

 友達の入社後に、一人日本人の新人さんが入ってきたそうです。その新人さんは、中国語がとても上手で、友達は、新人さんに何処でどの位勉強していたのか、を聞いたところ、新人さんの回答は「師大国語中心で、9ヶ月間勉強をしました。」との事でした。

 その新人さんが日本でも中国語を勉強していたのかを、私は友達に聞きそびれたので、もともと中国語がある程度話せたのか、は不明ですが、その新人さんの勉強法は以下の通りとの事。

 1.師大国語中心では、日本人と一切関わらなかった。
 2.言語交換の時にすべて中国語を使用していた(これは言語交換と言うより、強制家庭教師だったそうな。)。

 多分、他にもかなり気合を入れて勉強をしていたんだろうと、想像してしまうのですが、やっぱりやる気が全てなんだ、と。

 自分は、まだまだだなぁ、って思うと同時に、イカンよなぁ、これじゃと思うのでした。

 ほんと、頑張らないとね。
[PR]
by ken1horie | 2010-08-10 20:30 | 台湾語学留学 | Comments(0)
 先週の土曜日に、鄭南榕紀念館へ行き、次の日には、景美人權文化園區へ行ってきました。台湾の民主化及び、人権運動、白色恐怖への理解を深めるには、一度は訪れてみたい所です。

 土曜日、鄭南榕紀念館へ行った時、下車駅は覚えていたのですが、住所を書いたメモを忘れてしまい、探すのに時間が掛かるだろうな、と思っていたところ、道に迷いもせずに、すんなりとたどり着いてしまいました。館内は、それほど広くはありませんが、鄭南榕に関する資料が整然と並んでいました。職員の方がとても熱心に説明してくれたのが、とても印象的でした。今回、運よく鄭南榕の奥さんと娘さんにも会え、また李敏勇さんと言う、台湾で著名な詩人(でも、私は詩に興味がないので、彼を知らなかった。)にも、会うことが出来、道に迷わずにすんなりと、辿り着けた事も相まって、ちょっとした縁みたいなものを感じた一日でした。この日、気がつけば、3時間も紀念館にお邪魔していました。

 日曜日、前日に鄭南榕紀念館の職員さんが教えてくれた、景美人權文化園區へ行きました。この日、園内では、美麗島事件の展示もしていました。その展示を見た後、本来の展示の場所へ行き、展示を見ていた所、中国語で書かれた説明の内容が、英語や日本語で書かれたものよりも、簡単かつ不明瞭で、ボランティアの説明員に聞いたら、よく聞いてくれました、と言う表情で「2008年に馬英九が総統になってから、国民党に都合の悪い展示が無くなってしまった。」と教えてくれました。また、中国語で書いてある説明が簡単かつ不明瞭でも、景美人權文化園區に来る殆どの外国人は、中国語が判らない為に、それに気付かない、との事でした。
 ボランティアの方は、とても熱心で、以前展示されていたものの写真や、景美人權文化園區の歴史や内容を詳しく説明してくれました。

 印象的だったのは、どちらの場所も、説明をしてくれた方がとても熱心だった事です。実は、どちらの場所も台湾人が訪れる事は多くないとの事でした。私は、9月から台湾の大学で歴史を勉強します。そういう事もあり、今回この2つの場所を訪れたのですが、多くの日本人にも、こういう場所や、歴史を知ってもらいたいと思う反面、多くの台湾人にも、この場所を訪れて欲しい、と願わざるを得ません。

注記:鄭南榕紀念館の職員さんと景美人權文化園區のボランティアの方の説明はすべて中国語でした。すいません、日本語での説明の対応をしているのかは、判りません。
[PR]
by ken1horie | 2010-08-05 19:25 | 台湾 | Comments(0)

そして真冬に逆戻り

 昨日、一昨日と、真夏の様な一日だったのに、今日は一転して、寒い日に。
 気温は、昨日の半分以下、現在12度くらい。昨日は、30度近くあったから、真夏から一気に真冬になった感じです。

 これが、物凄く体力を奪うんですよ……。
 
 さて、台湾はお正月気分真っ盛り。旧正月が、こっちではメインなので。明日が大晦日です。因みに、学校もお休みです。

 今年は、昨年と違い、台北で静かに春節を過ごす事にしました。色々とやる事があるので。
[PR]
by ken1horie | 2010-02-12 17:40 | 台湾 | Comments(6)

熱い その2

 日本語だと「暑い」なんですけれど。

 本日、真夏の様な暑さ。
 春節前って、こんな夏みたいな日はないんだけれど……。
 折角買った、セラミックヒーター様も、発動の機会が少なく、ちょっと寂しい感じです。まぁ、でも寒いよりは、遥かにマシですが……。

 すいません、それだけです。

 ああ、本日、友人と一緒に、KLGに行ってきました。看板から何から、もろカーネルおじさんのお店そっくりですが、本家より、遥かに美味しいです。

 台北だと、ちょっと不便な場所にあるので、行き辛いですが、台中とかには、沢山有るみたいなので、機会があれば、是非一度行って見て下さい。

 個人的に、お勧めなのは、3人で行って、4人家族セットを頼むと、丁度いい量です。NT$299で、ポテトとドリンクも、付いてきます。台湾に行ってまで、ファーストフードってのも、何ですけれど、こういうお店なら、トライしてみるのも、話のネタには良いのではないでしょうか?
[PR]
by ken1horie | 2010-02-11 01:33 | 台湾 | Comments(2)

寒サニマケル

d0127529_2116131.jpg

雨ニモマケル
風ニモマケル
雪ニモ夏ノ暑サニモマケル
貧弱ナカラダヲモチ
何時マデタッテモ
風邪ハナオラズ
ソレデイテ
ヤタラトアルコホォルヲ欲シガル
ソンナワタシハ
台北ノ冬ニクップクシタノデアリマシタ

 と言う訳で、買いました。
 セラミックヒーター。
 特売でNT$980でした(現在のレートだと2850円くらいか。)。
 これ、展示品(とは言え、綺麗にラッピングされていて、未使用、汚れなし)だったので、安くしてくれと言ったんだけれど、他の店よりも、NT$300~500くらい安かったので、引いてくれなかったんだけれど、レジ打ちの方が、こっそりNT$10だけ引いてくれてNT$980となりましたとさ。
 しかし、台湾でも、こういう時に、平気で安くしてくれと言う様になったな、俺。

 実は、去年の冬も寒くて、買おうか散々迷った挙句に、買うのを止めたのです。本来は、1年経ったら日本に帰る予定だったから。

 まぁ、コレを買ったと言う事は、今後も台湾に残る覚悟を決めた、と言うと大げさだけれど、もう暫くは、確実に台湾に居ようと思っている。せめてねぇ、もう2、3回は、冬を越したいよねぇ(って言うか、自分がセコくて泣けてくる。)。

 余談ですが、台湾製造品です。どうも、優先して台湾製造品を選んでしまう私。
[PR]
by ken1horie | 2010-01-03 21:33 | 台湾 | Comments(6)
d0127529_1119503.jpg


 新年明けましておめでとう御座います。
 本年も、よろしくお願い致します。

 今年は、今後の進む道を決めないと、いけない年になりそうです。

 皆様にとって、今年が、そしてそれ以降も、よい年となりますように。

 写真は、観に行くつもりはなかったんだけれど、結局観に言った、台北101の花火です。去年の方が綺麗だった気がする……。予算不足は、致し方なしか。

(GR DIGITAL2)
[PR]
by ken1horie | 2010-01-01 11:24 | | Comments(6)