台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 一年の一学期に受けた講義は中国史(一)(古代〜魏晉南北朝の手前まで)、世界史(一)(古代〜ローマ帝国の東西分裂辺りまでだったかな?)、史学導論、国文(上)、英文(一)、体育(一)の合計16単位で、全て必修科目でした。講義の選択システムが全く分からなくて、何もせずに自動的に選択される必修だけを受ける形でした。後から知ったのですが、15単位以上講義を選択しないと、自動的に退学になってしまうとのことでした(しかしながら、事情がある場合は認められます)。

 実を言うと、大学入試前に学生による入学アシストのボランティアを申請していたのですが、そのボランティアの方がずっと中国へ行っていて、連絡も取れず、結局入学までの事は全て自分で何とかしてしまいました。結局自分の場合はボランティアの方にお世話になる事は、殆どなく、一度だけ一緒にお昼ご飯を食べたくらいで、その後も連絡を取ることもありませんでした。とは言え、一応不安があれば、入学前にはボランティアは申請をしておいた方がいいかも知れません。しかし、大きな期待はしない方がいいと思います。

 実際に、講義が始まってから、びっくりした事は、中国史(一)で最初に配られた資料が、簡体字だったことと、指定の教科書の内容が文言文(古典の書体)に近い文章のものだったことでした。自分の場合は、日本では中国語を学んでおらず、台湾で一から始めたので、簡体字は全く読めませんでした。また、中国語の古文の基礎知識もなかったので、読むこと自体が大変でした。そして毎週読む指定閲読類も少なくなく、また二週間に一回の割合で討論クラスもあり、その時だけは、きちんと指定閲読資料を読んでおかないと、討論で発言はしなくても、周りが何を言っているのか判らない、なんてことにもなりかねませんでした。
 そんな風に重い講義内容の中国史(一)でしたが、TAと教授に助けられました。本当に何度か挫けそうになったのは間違いなくて、でも何とかやり通せたのは、やはり教授とTAの助力があってだと思います。

 世界史(一)に関しては、教科書は英語の物らしいと聞いていたので、それほど衝撃は受けなかったのですが、自分の英語力のなさに関しては、もう笑うしかないくらいでした。世界史(一)も討論のクラスがありましたが、中国史(一)みたいに重い内容ではなく、また図書館にある世界史の日本語書籍等も利用しました。
 史学導論も、TAに助けられた部分が少なくありませんでした。史学概論の指定閲読書が、E.H.Carrの「What is History?」だったのですが、これの中国語訳本の外国人名や外国地名が中国語で書かれている部分が、最初判り難かった記憶が、今でも残っています。しかしながら、レポートの書き方や、サマリーの書き方、注記に関してはシカゴスタイルで、等々、基礎的な内容の講義であったことは、間違いありませんでした。

 国文(上)は、外国人学生専用のクラスでした。講義内容が、中国の古典や文学を主に扱った内容だったので、私には楽しい講義内容でしたが、理系や中国語力があまり高くない学生からは不評でした。
 英文(一)は外国人と華僑生の専用のクラスで、何とか単位を落とさずに済んだ、という感想しかありませんでした。本当に自分の英語力のなさを痛感しました。
 体育(一)ですが、やはり年齢によるものなのか、18歳の同級生たちと一緒に受けていて感じたのは、明らかに体力差が判る事でしょうか。本当に自分が若くない事に対して、苦笑い続きでした。

 私は師大国語中心で、二年間中国語を勉強して、最後は一番上のレベルのクラスで勉強していたのですが、それでも一年の一学期は本当に教授や、同級生が何を言っているのか判らなくて、大学と語学学校の違いを痛感した学期でもありました。それでも何とか単位を一つも落とさずに、この一学期を終えた事は、自分にとって大学生活を続けていく上での自信に繋がったことだけは、間違いありませんでした。
[PR]
by ken1horie | 2014-06-26 23:22 | 台湾大学留学 | Comments(11)

4年間のこと ー序言ー

 期末試験も終わり、TAの仕事にも目処がついた現在、夏休みの間この4年間の事を出来るだけ残しておこうかと思っています。大学に入ってからも、時々はその内容をこのブログに残していますし、今からですと記憶が曖昧な部分もあって、正確さに欠けるかも知れませんが、何かしらの意味は有ると思いますし、台湾大学に入ろうと思っている方には何かしらの参考にはなるでしょう。
 ただし、私は歴史学系の学生でしたので、他の学部に関しては判りません。あくまでも、私が経験した事のみなので、それは一般化出来る内容とも違います。つまり、これから書く記事は私の主観でしかなく、単なる参考として、それも出来れば過信しないで頂きたいのです。なぜなら、私はこの4年間、本当に貴重な体験をしたと思っていますし、大学で学ぶ事の楽しさや辛さ、そしてその素晴らしさの一端を感じる事が出来ましたが、自分以外の人間が、必ずしもそう感じるとは限らないのです。ですから、あくまでも参考として読んで頂きたいのです。何故そこまでくどくどと書くのか、と言うとやはり大学との相性等色々と個人差が有ると常に感じているのです。自分が楽しい生活を送れたとしても、他の人が必ずしもそうとは限らない。これは、当たり前の事ではないでしょうか。ましてや、私の場合は大学に入ってから、自分の経験を過信していはいけない、と言う事を知りました。そういう部分も含めて、この4年間の事を書き残しておこうと思っているのです。

 それが役に立つのか、或は自分の自己満足で終わるのか、は判りません。ただ、それでも今後も台湾大学に入学を希望される方はいると思います。大学への入学を希望される方に、少しでも、何らかの判断材料にでも、参考の足しにでもなれば、と思っているのです。

 国外の大学への入学を希望する。それは、やはり高いハードルを感じてしまう事だと思います。台湾に関しては、そのハードルは比較的低いとは思いますが。私もこの4年間を通じて、母語で高等教育を受けられれば、もっと吸収出来た事もあるだろう、と感じる事がままありました。しかし、別の言語で考える事は、大切だと感じていますし、そういう経験は、自分の思考能力の上に於いて、プラスになる事はあれ、マイナスになる事は無いと思っています。
 そんな事を含め、また自分が気付いた事等を、追って書いていければいいな、と今は思っています。あまり長い記事にしてしまうと、読むのも大変でしょうから、出来る限りコンパクトに、しかも出来るだけ詳しく、判り易く書いて行きたいと思います。
[PR]
by ken1horie | 2014-06-23 21:24 | 台湾大学留学 | Comments(0)

卒業式

 卒業式に参加してきました。
 でも、まだ期末試験や、レポート、論文の修正があるので、卒業が決まった訳ではありません。でも、卒業に向けて、あと2週間がんばります。
d0127529_23463311.jpg

[PR]
by ken1horie | 2014-06-07 23:46 | 台湾大学留学 | Comments(3)