台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

午後4時

d0127529_1781250.jpg

中山北路の喫茶店にて

夏休みも、普段と変わらない速度で過ぎて行きます。きっと、あっと言う間に2年生の1学期を迎えるんじゃないのかな、と思う毎日。少しくらい、次の学期の予習をしないと……。苦手な英語も、少しはレベルアップさせないと。夏休みの間は、台湾大学語学中心の英語班へ通っています。結構楽しみながら通っています。

それでも、友達と出かけたりする機会が普段より多く、色々と普段は行けない所へ行ったりして、楽しんでいます。

出かけると言えば、健康中心(学校内にある病院)の先生が「日本に興味が有って旅行に行きたいんだけれど、英語が通じないから……。」と言っていたのが、ちょっと気になりました。どうも、個人旅行がしたいみたいなんですね。台湾でも、地方に関しては英語が通じる状況が少ないと聞いていますが、台北では、喫茶店やマクドナルドのアルバイトでも、英語で対応している場面を時々見かけます。また、バス停でバス待ちの台湾人と外国人が英語で会話している場面も、時々見かけます。ですが、東京では、あまりこういう場面を見かけません。日本の各観光地の魅力を高めるのに、外国語での対応も必要なんじゃないのかな?と、感じたんですよね。

私は誰でも何でも英語を覚えろ、と言う英語主義者ではありませんが、やっぱりもうちょっと日本語も含めて、今の言語教育って何とかならないのかな、と感じる部分があるのです。
[PR]
by ken1horie | 2011-07-19 17:26 | 台湾 | Comments(0)
本日、全ての成績が出揃い、これで完全に1年が終了しました。1つも単位を落とさずに過ごせて、本当に良かった。ちょっとだけ、自信が付きました。勿論外国人学生ですから、下駄を履かせて貰っている部分があるのも知っていますから、それに甘えないようにしなければ、と言う気持ちは相変わらずあります。

実際、母語以外で授業を受ける事が、こんなに難しい事なのか、と言うのが正直な感想。台湾の大学は日本に比べて学費が安く、学費生活費込み込みでも、日本の私大の1年間の授業料よりも安いくらいですから、地方のから東京の私大へ行くよりも、台湾の国立上位大学へ留学するのはお勧めだと思っていたのですが、今は全くそんな気持ちはありません。

私は台湾大学で歴史を勉強していますが、最初の学期の授業でレポート書く時の参考書籍でシカゴスタイルの事に言及したり、TAにも授業の判らない部分を相談出来たりと、授業内容に関しては、かなりいい印象を思っています。ただし、先生方のレポートに対する内容のレベルは割と高いですし、本当に勉強がしたい人でないと、嫌になると思います。また、台湾は日本と違い、翻訳書が少ないので、英語の原書を使う事が多く、ある程度の英語のレベルが必要です。寧ろ、英語が出来ないと、台湾大学の場合は、授業の選択肢も狭まるので、英語と中国語が、必須なのです。また、簡体字の本も使用する事もあり、繁体字だけではなく、簡体字も覚える必要があります。言語の負担が、とても大きいのです。ですから、普通の勉強する以上に、負担が大きいのです。

私は大学部に居るので、大学院については判りませんが、聞く所によると、英語の必要性がさらに高まり、英語が駄目な人にとっては、もうどうにもならないみたいです。

私自身は、出来るのであれば、海外留学は一つの良い経験だと感じています。ですが、あまり安易な気持ちでするのだけは、避けた方がいいとも感じています。何と言っても、母語で勉強する事ほど楽な事はありません。ですが、日本を外側から見るいい機会でもありますし、色々な価値観や考え方の違いに触れる、いいチャンスの一つである事は、間違いないと感じています。
[PR]
by ken1horie | 2011-07-07 01:26 | 台湾大学留学 | Comments(0)

夏真っ盛り

d0127529_13201322.jpg

台湾大学にて

やっと夏休み。
冬休みの時もそうでしたが、休みに入ると、体調を崩してしまいます。とは言え、大した事ではないのですが、はやり気が抜けるのでしょうね。少しは休め、と言われている様な気もしますが、結構毎日のんびりしている気もするので、何とも……(苦笑)。しかし、2、3日すっきりしない日が続いていて、早く治して泳ぎに行きたい。最近毎日泳ぐ様になってから、毎日泳がないと気持ちが悪くなってしまいました。

あとは、恐怖の成績発表です。
来週中には、全て出揃う事と思いますが、気がちょっと重い。
それに、さっき英語の単位が取れなくてショックと言う夢を見て、目が醒めたところ(苦笑)。全く、縁起でもない……。

それでも、少しずつ1年が終わった、乗り切れたと言う実感が湧いてきています。あっと言う間の1年間でした。

(SONY α33+TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF])
[PR]
by ken1horie | 2011-07-03 13:37 | 台湾 | Comments(2)