台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

かなり大変な毎日です

 学校が始まってから、1週間が経ちました。

 正直な所、かなりハードな毎日です。
 授業は完全に聞き取れない、つまり中国語力が足りない。また、授業の準備で読む資料がとても多く、英語で書かれた教科書も使用します。

 正直言って、師大国語中心で中国語を勉強していた時は、バカンスだったんだ、と痛感しました。毎日、学校へ遊びに行っているようなもの。
 確かに、實用視聽華語5を習い終えても、小学生高学年程度の中国語レベルでしかないのを知っていた自分は、それを改めて認識した次第です。

 また、聞いた話ですが、大学部は、大学院の3~4倍、キツイそうです。

 もし、今、台湾の大学や大学院へ入る為に、中国語を勉強している方に、伝えたいのは、兎に角、中国語も一生懸命勉強しないと、かなり大変だけれど、英語力も、普通に必要です。私は日本の大学で勉強をした事がないので、日本の大学の現状を知りませんが、私が通っている大学では、当たり前の様に英語力を求められます。

 今、改めて感じるのは、台湾で普通に中国語で日常会話が出来る程度では、全く足りないのです。そして、今、求められている事は、中国語で理論的に考える事なのを、痛感しました。今更ながら、外国語で会話が出来る事と、理論的に考えられる事の違いの差が、これ程までに大きいとは思いませんでした。(英語力も必要なので、この先は、間違いなく茨の道。)
 また、所謂台湾国語も、聞き取れないと、非常に苦しい現実が待っています。

 行っている大学が大学だけに、英語を話せる学生が(話せなくても、読める)多い状態で、改めて感じるのは、日本の英語教育って、一体何だったの?と疑問を持っています。少なくとも、中国語を勉強するよりも、英語の方が簡単(とは言え、自分もあまりちゃんと勉強出来ていないが。)な現実を前に、日本の英語教育の酷さは、実は政府が意図的にやっているんじゃないのか?って思うくらいです。(とは言え、母語の日本語教育でさえ、悲惨な現状なのに。)

 しかし、このスパルタンな毎日がアカデミズムを求める大学としては、当たり前の姿なんじゃないのか、と感じています。そして、同学の頭のいい事と言ったら、何と言っていいのか、わかりません。自分より20歳年下の同学に、凄いなぁ、頭いいなぁ、って思いつつも、だから、負けてなんていられないよね、と感じています。
[PR]
by ken1horie | 2010-09-21 22:43 | 台湾大学留学 | Comments(8)
 blogのタイトルを「雑記帳」へと変えてみました。
 元々は、写真専用でこのblogを始めたのですが、今では台湾の生活とか、留学に関する記事もあり、何となく思いついた事とかも、それなりに書いておく所にしようと思っています。

 取り敢えず、生活が落ち着いたら、台湾の大学への留学に関する記事を纏めたいな、と考えています。学生証も受け取り、晴れて大学生となった今、手続きに関する事等を、備忘録代わりに書いておきたいと思っています。語学留学編でも書きましたが、ある程度の英語力か中国語力があれば、エージェントを通さずに、自力での申請が可能ですし、もし、日本語を話せる台湾人の友達や、既に台湾で勉強している友達、また中国語を理解出来る友達がいれば、彼らの助力さえあれば、問題なくエージェントを通さずに申請が可能です。
 インターネットが普及し便利になった今、大体の事は検索すれば出てきます。それで情報を集める事も、容易です。また、mixi等を利用して、情報を集める事も出来ます。

 台湾への語学留学や大学、大学院への留学は決してハードルは高く無く、本人の意思や目標が確かであれば、申請は難しい事ではありません。

 
 さて、写真に関しても、少しずつですが、継続してアップして行く予定でいます。
 今後とも、よろしくお願い致します。
[PR]
by ken1horie | 2010-09-12 10:47 | | Comments(2)

学生証を受け取りました

 昨日、入学受付を済ませ、学生証を受け取りました。

 これで、本当に大学生になったんだなぁ、と改めて実感しました。
 学生証を受け取った時、係りの方は「恭喜,恭喜(おめでとう)」と言って、手渡してくれました。本当に嬉しかったけれど、4年後、卒業してから、この気持ちを素直に出したいな、と思いました。

 でも、やっぱり、嬉しかった。
 これから、勉強出来る事が。そして、台湾の最高学府と言われている大学で勉強出来る事を、色々と自分を助けてくれた友達に、感謝しています。皆さんの手助けがなければ、自分は今の場所に居なかったでしょう。

 本当に有難う。
[PR]
by ken1horie | 2010-09-11 20:17 | 台湾大学留学 | Comments(0)