台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

出国審査の時

 台湾から、日本に戻る時の、出国審査の時、検査官と、ちょっとだけ会話しました。

「中国語を習いに来ているの?どれくらい勉強したの?」
「1年です。最近は、台湾の友達と、殆ど中国語でおしゃべりしている。」
「そう、がんばってね。」
 彼女は、笑顔で、そう言ってくれたんだけれど、こういう、ほんのちょっとのやり取りが、その国に対する印象に、大きく影響する気がしました。
 まだ、聞く力も、話す力も、弱いけれど、でも、また頑張れる、そんな気になれた。

 台湾の、こういう所、私は好きです。
[PR]
by ken1horie | 2009-08-31 23:55 | 台湾 | Comments(0)

禁断症状、かな?

 台湾の一人暮らし様アパートは、殆ど台所が付いていません。今、住んでいる所も、然り。元々、自炊派の人だったので、普通にご飯を作るのが、当たり前の感覚でした。また、台湾だと、一人暮らしの場合は、外食の方が遥かに安いんです。

 で、実は、そろそろ、自分でご飯を作りたいなぁって、思う時が、多くなって来まして。流石に一年も外食しているとねぇ。あとは、紅茶淹れて、少しぼけっとしていたいなぁ、とか。そう、台所で紅茶を淹れて、台所で、ぼけっとしていたいのですよ。台湾茶を飲みながら、ゆるゆると本でも読んでいたいんですよ。

 ただ、私の場合、誰かにご飯を作って欲しいと言う感覚が、全くないんですよね……。自分で作って食べたいんですよ。お茶に関しても、自分で淹れて飲みたいんですよ。

 贅沢な悩みかも知れないんですけれどね。
[PR]
by ken1horie | 2009-08-28 01:39 | 台湾 | Comments(4)

過一年

  去年8月20號我來臺灣。現在我在台灣住了一年了。剛來臺灣的時候,雖然我不會說中文,不過現在我會說了一點。已經適應了臺灣的生活。

  我打算下個學期結束以後,回日本。我卻不想回日本。如果有機會的話,我希望還在臺灣。這是有很多原因,主要的是臺灣也我的家鄉一樣。回臺灣時,我覺得回我家的感覺。回日本的時候,覺得比較弱。當然臺灣也有不喜歡的部分(很少耶),但這是和住日本也有一樣的。

  現在我找著在日本的工作,下學期開始以後,應該也開始找在臺灣的工作,也許開始打工(還沒決定。)。

  因為人生只有一次,我想做喜歡的事。現在我卻必須要放手一搏的感覺。其實,我什麼事情都不敢動(哈哈……,太誇張耶。)。

  謝謝大家。真感謝大家。

  最後,有的部分應該寫錯了,請大家原諒我。
[PR]
by ken1horie | 2009-08-21 00:50 | 台湾 | Comments(10)

10years

d0127529_22343251.jpg

在起福隆往基隆公車

B.G.M. 10years by Misato Watanabe

(LC-A+ +AGFA vista400)
[PR]
by ken1horie | 2009-08-10 22:58 | 台湾 | Comments(0)

sweet thing

d0127529_19552670.jpg

在台北市

我喜歡拍得這樣的感覺

(SMENA 8M+Kodak ELITE CHROME100+正沖負)
[PR]
by ken1horie | 2009-08-08 19:58 | | Comments(4)

planet blue

d0127529_2021673.jpg

在師大

(LC-A+ +Kodak ELITE CHROME100+正沖負)
[PR]
by ken1horie | 2009-08-07 20:24 | 台湾 | Comments(0)

兩個人騎摩托車

d0127529_0333313.jpg

在台北市

有一點羨慕的感覺

(LC-A+ +Kodak ULTRA MAX400)
[PR]
by ken1horie | 2009-08-07 00:39 | 台湾 | Comments(0)

台湾、好

 捷運中山站(MRT中山駅)近くに「台湾、好」と言うお店があります。
 台湾の伝統的な物産等を扱うお店で、1階はショップに、2階はイベントスペースになっています。台湾紅茶や、さまざまな伝統的な工芸品を扱っているので、何時も台湾のお土産に鳳梨酥(これはこれで、無難で良いですが。)ばかりで、ちょっと悩んでいる方には、お勧めかも知れません(とは言え、バラマキ土産は難しいかも。)。

 ホームページは、こちら。
 http://www.lovelytaiwan.org.tw/

 今現在、泰雅族(タイヤル族。台湾原住民の一部族。)の織物展示販売会が、2階のイベントスペースで行われていたので、行ってきました。

 実を言うと、台湾に来た当初、烏來(台北南部の温泉がある観光地として有名。しかし、当時は殆ど中国語が喋れないのに、よく一人でバスに乗って行ったな。)に行き、烏來泰雅民族博物館で泰雅族の織物を見た時に、いいな、と感じていて、当時からショルダーバッグでもあれば、欲しいと思っていたのです。

 写真は、良くないのですが、買ってきたショルダーバッグは、こちら。
 ショルダー部の織物の紋様の素朴な味わいの中に優雅さと緻密さを兼ね備えて、とても気に入りました。また、本体部分も、泰雅の伝統の紋様が織り込まれています。

d0127529_2253217.jpg


d0127529_2254018.jpg


 因みに、お値段はNT$2800(日本円にして、8500円強。)と高めですが、布地自体が、手織りである事を考えると、かなりお値打ち価格だと思います。
 
 実は、このバッグを買って、物の値段と価値、コストって、何なんだろうと、改めて考えてしまいました。このバッグ、単純に値段だけを見たら、高い、と言わざるを得ないでしょう。ですが、布地自体も伝統的な手法の手織りで、バッグの縫製も人の手により、作られている事を考えたら、自分としては、お値打ち価格ではないのか、と考えてしまうのです。それを購入して、使うことは、その伝統や文化、それを継承する人達への、正当な報酬になってほしい。また、少しでもリスペクトになるのであれば、そう願わずにいられないのです。

 経済の自由化や、グローバル化は、避けて通れない道ですし、今更後戻りなんて、出来ないでしょう。ですが、この様な伝統や文化に対する価値観も、見つめ直せればいいな、と。そして、それは共存可能だと(個人や国家の文化的成熟度次第ではありますが。)、改めて感じました。
[PR]
by ken1horie | 2009-08-01 23:19 | 台湾 | Comments(0)