台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

台湾南部への旅 その11

 バイクを借りて、エイさんと一緒に出発し、まず最初の待ち合わせ場所の捷運西子灣站へ向いました。

 エイさんの実家は、高雄中心部から、少し南に外れている場所にあります。捷運西子灣站へ行くには、高雄中心部を通り抜けて行きます。道路は広く、バイク専用道も完備されていて、台北の様に渋滞もなく、非常に走り易かったです。そして、台北みたいな怖さがありませんでした。

 今回の旅行で、台北と違い、高雄はバイクで周った方が良いと、個人的に感じました。台北の場合は、大部分の場所が捷運で行く事が可能です。また、歩いて行ける場所も少なくありません。そして、タクシーも多く走っていて、拾うにも困らないでしょう。ですが、高雄の場合は、捷運で行ける所も限られており、尚且つ台湾のバスは、ある程度の慣れが必要です。今回泊まった高雄のホテルは、自転車の貸し出しをしていました。また、高雄火車站近くのホテルで、バイクを貸しますと看板に書いてある所もありました。

 捷運西子灣站で、友達と合流して、鼓山渡船頭に向かい、船で(自転車やバイクで、そのまま乗れる。)対岸の旗津へ渡りました。春節の休みで、兎に角人が多く、船に乗るのにも、一苦労しました。更に、料金を払う時に、係りの方が、おつりはないと言っていて、難儀してしまいましたが、幸い、真後ろに居た方が、両替してくれたので、助かりました(台湾は、本当にこういう場面が多くて、助かると同時に、感謝の気持ちで一杯です。)。
 
 実は、エイさんと友達は一つ前の船で行ってしまいました(苦笑)。乗ろうと思ったら、目の前で、次の船に乗って下さい、になってしまったのです。バイクで船に乗るのは、初めてでした。時間にして、約15分程だったでしょうか、海風が心地よく、こういうのも、たまにはいいな、と思いました。また、バイクに久しぶりに乗って、その楽しさを改めて感じました。

 対岸に着き、船を下りてから、バイクを埠頭に置いて、砲台と燈台(そんなに離れていない距離で、並んでいる。一つの山に、二つともある感じ。)に向いました。燈台からは、先ほど船に乗った埠頭が見えます。また、国立高雄中山大学も一望できます。そして、高雄の高層ビル街も一望できました。また、砲台からは、砲台の裏手にある港が見え、この景色がとても良かったです。
[PR]
Commented by web-mat at 2009-04-22 01:34
バイクでの紀行、スリリングでたのしそうですね。
拝見していて、思わず入ってしましました。笑
Commented by ken1horie at 2009-04-22 23:41
>matさん
そんなにスリリングではなかったんですよ(笑)。
でも、気持ちよかったですよ。
海沿いを走ったりしましたから。
バイクの気持ちよさに、あまり排気量の大きさって、関係ないですね。
当たり前の事なんですが(笑)。
by ken1horie | 2009-04-21 00:06 | 旅行 | Comments(2)