台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

台湾南部への旅 その7

 その後、友達は、暑さと歩くのに疲れて先に台南市街に戻りました。私は、相変わらず、LC-A+を片手に、安平の街をてくてくと、歩き回っていました。
 何が良い、と言うのはないのですが、このぶらぶらと歩くのが、とても気持ち良かった。日差しは強くて、日焼けしてしまうくらいだったんですが、真夏の暑さと違って、さらっとしていて、風は少し涼しくて、気持ち良かった。路地に入り込んだり、小学校の資料館みたいな所を見学したり。

 古い街なので、何処か懐かしい部分を感じさせてくれました。通りは人通りが多いけれど、路地裏は、人も少なく、穏やかに時間が流れていました。近くに大きな川が流れていて、土手沿いを歩いていた時、日本みたいなんだけれど、明らかに日本と違う、景色や風の匂いに、懐かしさを強く感じました。

 ホテルへ戻ってから、ビールのおつまみにしようと、安平名物の蝦せんべいを買って帰りました。蝦の味がする、軽いおせんべい、と言ったところでしょうか。ビールにとても良く合うお菓子でした。かさがあるのと、割れやすいのが、お土産にするには、ちょっと難がありますが、日本人好みのお菓子です。

 この日も、普通にホテル近くでご飯を済ませました。その後、コンビニへ行き、ビールを買って、安平で買ってきた蝦せんべいを食べながら、ビールを飲みました。台湾啤酒(ビール)の金牌が好きで、こればかり飲んでいます。個人的に、これが美味しいんです。ちょっと、味は軽めです。台湾で飲んでいる時は、特に軽さを強く感じないのですが、先日日本へ戻った時、ちょっとだけ買って帰りました。日本で飲むと、軽さを強く感じたので、気候の違いとかで、味わいが変わるのかも知れません。因みに、台湾で売っているアサヒビールのスーパードライとサッポロの黒ラベルは、日本製で、キリンビールの一番絞りは中国(大陸)製。なので、台湾ではキリンを呑む気にはなれないんです。尤も、日本のビールは、台湾啤酒に比べて、若干高めなのもあって、呑む事はありません。

 ビールで思い出しましたけれど、友達はビールが飲めなかったのですが、台湾に来てから、呑めるようになったと言っていました。台湾啤酒が口に合ったんでしょう、きっと。多分、日本に帰ってからも、それなりには呑める様になっているかも知れません。
 取り敢えず、会社のお付き合いの場で呑める様になって、よかったね。

 そういえば、書き忘れていましたが、2日目の晩御飯は、度小月の本店で、食べました。味は、台北の支店と全くかどうかは、判らないけれど、同じでした。やっぱり、本店で食べると、有難味が増しますね。台南の本店で食べる方が美味しく感じるのは、気のせいかもしれないな(笑)。
[PR]
by ken1horie | 2009-03-29 20:31 | 旅行 | Comments(0)