台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

台湾南部への旅 その4

 バスは既に到着していて、運転手さんに値段を確認して、乗り込みました。この時、お金と引き換えにチケットを貰うのですが、後で渡すと言われました。
 バスが発車してから、運転手さんはチケットの事を忘れていたらしく、中々くれませんでした。友達と、チケットはまだですかを中国語で言うとしたら、こう言うんだろう、ああ言うんだろう、と会話しているうちに、どうも運転手さんにその内容が聞こえたらしく、申し訳なさそうに、チケットを渡してくれました。運転手さんの席の近くでもなく、決して大きい声で喋っていた訳でもないのですが、どうやら運転手さんに聞こえていたみたいでした(苦笑)。

 嘉義火車站に着き、時刻表を確認して、台南に向いました。台北市内及び台北縣の大体の所だと、suicaやPASMOと同じ様な「遊遊卡」と言う名前のカードがあるので、小銭はあまり必要ではないのですが、それ以外の場所には、ありません。また、同じようなカードはあっても、共通ではないので使えません。なので、小銭が必要となるため、台南行きの切符は、窓口で買う事にしました。実は、買う前に、料金表の前で、値段を確認して、財布の中やら、ポケットの中を確認していたのを売り場の人は見ていたらしく、NT$1000札を出した時に、売り場の人が笑っていました(苦笑)。因みに、嘉義から台南までは、區間車(普通列車)で1時間弱。意外と近いんだな、と思いました。

 電車に揺られ、台南に降り、ホテルに向いました。駅近くにある、格安宿。とは言っても、シャワーバス付きですから、文句はありませんでしたが、一つだけ気になったのは、蚊が多かった。ホテルの人に言って、殺虫剤を貰って、対処していました。そうそう、あとホテルに戻った時に、まず最初は台湾語で話しかけられて、困りました(苦笑)。必ず、台湾語判らないと言って、その後に中国語でもう一度話してもらうやり取りが、泊まっている間、毎日続きました。

 余談ですが、蚊を中国語でwen2zi(日本語の発音だと「うえんつ」って感じかな。)と発音する為、蚊の事を旅行中は、ずっと「瑛士くん」と我々は呼んでいました。すいません、下らなくて。
[PR]
by ken1horie | 2009-03-08 19:32 | 旅行 | Comments(0)