台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

台北國際學舍

 googleで「台北國際學舍」と入力して検索した時に、このblogが1ページ目に出てくるので、ちゃんと記事を書いておこうと思いました。ですが、あくまでも2008年12月06日時点での話しです。

 まず、URL
http://www.geocities.com/soho/6271/ihmain.htm
http://taipei.mmmtravel.com.tw/index_m.php?ptype=ieb_c&L3_id=1962

 行き方
 捷運淡水線(MRT RED LINE)の新店行き(「往新店」と表示されています。)に乗り、七張站(七張駅)で下車します。必ず、新店行きに、乗って下さい。

 七張站で下車したら、改札を出たら、マクドナルドの方へ歩いていきます(改札を出て、左方向です。)。マクドナルド前の信号を渡ったら、左方向へ少し歩き、パン屋さんの前辺りで、バスを待ちます。バスは、チケット制なので、バスに乗車する方から、1枚買って、乗車してください。尚、バスは2種類ありますが、どちらも國際學舍に行きます。

 バスは、慣れるまで、勝手が判らないと思いますので(私も、何回か乗って、ようやく慣れました。)、最初は駅前からタクシーで行くといいと思います(とは言え、私はまだ七張站からタクシーを利用した事がないのですが)。

 私が一番最初に行った時は、七張站の1つ先の新店市公所站から、歩きましたが、あまりお勧めしません。急な坂を登っていくのですが、歩道がないのです。
 とは言え、今でも時々、この坂を登ったり、下ったりしていますが(苦笑)。
 歩く時間ですが、大体20分前後でしょうか。

 受付での対応ですが、時々日本人の方がいます。更に、中国語が話せなくても、受付の方が、學舍に居る中国語が判る日本人を呼んでくれる時があります(居れば、ですが。)。

 台北の中心部から離れていますし、家賃もそんなに安い訳ではないのですが、ここを利用する利点は、
1.中国語が判らなくても、住む所が確保出来る。
2.台湾人の保証人と敷金が不要。
3.お金がない時に、家賃の支払いを少しの間なら待ってもらえる(私は10日ほど待ってもらった事があります。事前に相談をして、支払う日も、伝えました。)。
4.日本人も多くいるので、友達を作りやすく、情報も得やすい。
5.他の国の人たちとも、交流が可能。
6.他の学校で中国語を学んでいる人からの情報も得られる。
7.短期滞在にも使える。

 と、言ったところでしょうか。
 留学エージェントを使う方は、そのエージェントを利用した人たちと仲良くなったりするチャンスもありますが、エージェントを使わない場合、学校に行ってから、地道に友達を作るしかありません。そんな事も含めると、意外と利点はあると思っています。
 私は、実際にエージェントは使わなかったので(それだけ払うなら、少しでも長く台湾に居たい。)學舍に入ったのは、正解だと感じています(とは言え、そろそろ台北市内に引越しを考えていますが。)。

 また、朝、学校に行く時だけ、NT$15(前日払い。当日払いはNT$20)で、學舍からバス(と言う名のワゴン車)が出ていますので、学校へ行く分には、不便さはありません。

 そして、1ヶ月の家賃の目安ですが、一人で部屋を使うならNT$10000くらいを考えていれば、まず間違いがありません。相部屋なら、がくっと、金額が下がります。

 少しでも、台湾に語学留学をされる方の、お役に立てば。
[PR]
by ken1horie | 2008-12-07 00:20 | 台湾 | Comments(0)