台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

台湾で仕事を探す 2016年追記

 昨年のエントリーで、台湾で仕事を探す記事と、その続編を書きました。また、先日も就職後1年経った記事を書いています。私自身は、台湾での就職に関して今の会社のみでの経験しかないので、他の業界や業種、或いは会社については判りません。しかしながら、台湾のある日本大手企業での現地採用に関して、知り合いから誰か紹介してもらえないか、という話が来たりして、その内容に関して思うと、台湾で中国語が話せ業務が出来る日本人というのが、中々探し難いのではないのか?という感じもしています。
 そもそも、中国語が出来れば、台湾での就職に関して、就職サイトの104人力銀行1111人力銀行を利用して自分で仕事を探す事も可能ですし、台湾での人脈もある程度はあるでしょうから、そのツテで仕事を探す事も可能でしょう。私自身も、現在の仕事は1111人力銀行で目にした会社に応募をして採用をされました。また、友人が働いている会社で欠員が出来たとかいう話も耳にしますし、大学の先輩からも仕事の紹介話なんかもありました。ある日本人の友人は、やはりツテから就職しています。

 台湾には確かに日系の就職紹介会社があります。しかし、それらの会社に登録している日本人の多くが、まず中国語があまり出来ず、それでも台湾に残りたいと希望していると、話を聞いたことがあります。それ故に、そういう日本人は台湾での就職時に足元を見られてしまう現実もあるらしいという事です。
 104人力銀行や、1111人力銀行で応募した場合も、面接の連絡は電話が掛かってくる場合が殆どでしょう。その時に中国語で対応が出来なかった場合、面接場所や時間に関しても、全く判らず面接にたどり着く事は、まず難しいかも知れません。私の場合も、面接の案内は電話で来ましたし、実際の面接は中国語で行われ、最後に日本語が話せる董事長(日本では会長に相当)との面接は、日本語で行われました(余談ですが、董事長は業務でも私には日本語で話す事もあります)。ローカル企業で働く場合、当然中国語は必須となりますし、面接も中国語で行われるのは、当然の事だと思います。そういった場で質問に対し、中国語で素早く対応が出来たり、機転の利いた回答をするには、やはりそれなりの語学力と業務経験や知識等が必要になってくるのではないでしょうか?

 さて、最初に書きましたが台湾で中国語が話せて業務が出来る日本人を探す、というのが意外と難しいのではないのか?と思う原因に、やはり中国の存在もあると思います。昨今に於いては中国の方が労働条件が良いとの話を聞きますし、私の知っている台湾人の中にも、中国で仕事をしている人がそれなりにいます。また、仕事の規模や待遇に関しても台湾より遥かに良く、台湾に戻る気にはなれない、と言った本音も耳にします。当然優秀な人材は、待遇の良い方へ行きますし、待遇の良い場所から離れる気もないでしょう。そういう面から見ると、やはり台湾は労働市場としては魅力に欠ける場所であると言わざるを得ません。じゃあ、何で私は台湾にいるのか?と聞かれれば、自分には実力も運も無いんでしょうな、と溜息交じりに言うか、まだチャンスが巡ってこない、と言うかしかないでしょう。そういう批判に対しては私自身は甘受するしかない、と言うのが本音ですし、苦笑いでそう答えるしかないと思っています。

 結局のところ、私は日本と台湾、しかも台北のみですが、の2箇所での生活経験しかありませんが、日本も台湾も同じ様に現実的な問題があり、それは変わらないという事です。それは、仕事をする上でも変わりません。台湾が理想的な場所でもなく、あくまでも日本と同じように現実的な問題がある社会である事には変わりがありません。そんな中で、これから先もどの様にして生きて行くかは、やはり頭の片隅に常に存在しています。それでも尚、そういった現実と少しでも向かい合って行きたいと思う部分はありますし、そういう現実の部分を少しでも知りたいという部分はあります。そして、それらの事を今後もここに書き残しておければ、と思う部分もあるのです。

[PR]
by ken1horie | 2016-10-10 18:11 | 台湾生活 | Comments(0)