台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

台湾大学の本科留学は、どれくらい大変なのか?

 過去にも似たようなエントリーがあるとは思いますが、ちょっと気になったので書いておきます。

 実際に自分も、台湾大学で受けた講義に関して、特に1年生の時は大変だった記憶があります。しかし、この大変さに関しては、中国語力の不足と、歴史に関する基礎知識や語彙不足が招いたものとの自覚があったので、この部分を対応すればよいとも感じていました。既に大学を卒業し、マスターは1年のみで休学してしまいましたが、この5年間で感じた事は、大変ならとにかく勉強して、或いは自分で工夫して何とかするしかない、と自分では考えていました。

 しかし、この5年間確かにキツイ部分はありましたが、それでも今になって思うと、ここまでやったんだから、後でキツイ事があっても、何とかやっていけるかな、と言う妙な自信が出来ました。尤も、周りが優秀でしたから、どうしても謙虚になってしまう部分がありましたし、そういう事が、自分にとっては良かったなと思っています。

 何かに関して、大変か、大変じゃないか、は人それぞれです。しかし確かに自分も大学1年生の時は、大変だと記事にしていました。今改めて目を通すと、ああ大変だったんだなぁ、あの頃はと思います。因みにマスターを1年やって感じた事は、大学部には大学部の、そして大学院には大学院の、それぞれ違った大変さがあると私は感じました。

 自分自身は大変さを自慢する気もないし、その大変さってのは結局自分の能力不足からくるもんだよな、とも思っていて、やはり凡人と言うのは辛いねぇ、としか言えません。人類学系の後輩も、大変さをBlogの記事にしていますので、併せて読んでいただけると、台湾大学での講義の様子の一端が判ると思います。

 実力のない人間が台湾大学に入ると苦労する
 http://amikawa.blogspot.tw/2015/07/blog-post.html
 私が台湾大学を選んだ理由。三年を過ごして感じた台湾本科留学のこと
 http://amikawa.blogspot.tw/2015/09/blog-post.html
 
 後輩は私よりも詳しく記事を書いているので、そちらの方が参考になる部分も少なくないと思います。
 
 私自身は4年で大学を卒業しましたが、同時に入学して現在6年目をやっている学生も知っていますし、私の次の年に入学した日本人学生が5年目をやっているのも知っています。しかし、4年で卒業した人もいますし、卒業が難しいのか?と言われれば一概には言えません。その難しさを上手に回避して卒業した学生も知っています。ですから、それこそ人それぞれどうやるかなのです。

 私自身が5年間で苦労をしなかったか?と言われたら、苦労した部分はあるでしょう。しかし、その苦労を全ての人が同じように経験するわけではないでしょう。学科によって科目の内容が違いますし、優秀な人は本当に素晴らしい成績を獲って、あっさりと卒業して行きます。大変だったな、と言うのはあくまでも各個人の主観や感じ方でしかありません。私自身も大変だったと感じた部分もありましたし、手を抜ける所は抜きました。それこそ、人それぞれのやり方でやるしかない、と思っています。
 そして、これはあくまでも私の経験ですが、勉強する人やしたい人には、周りが助けてくれる場合が少なくありませんでした。それは、教授であったり、TAであったり、或いは事務方であったり。当然自分から積極的に動く必要がある場合もありますが、それでも私はこの5年間、各教授方や、TA方、また歴史学系の事務方からも、少なくないサポートを受けました。それに対しては、心から感謝しています。そして、四年生の時と、マスターの1年間、指導教授にも大変お世話になりました。そういった、自分の学習態度や研究に対する姿勢が、反映される部分はあると思います。先輩や、同級生、また後輩にもお世話になった部分は少なくありません。

 ですから、例え大変だとしても、やはり結局は自分次第になってしまう、としか私には言えないのです。私には私がしてきた事しか言えないですし、他にやりようはあったかも知れませんが、結果としては他のやりように関しては、判りません。それでも、この様な記事が、現在台湾大学への留学を考えている方の一助になれば、とも思っています。
[PR]
by ken1horie | 2015-09-23 17:15 | 台湾大学留学 | Comments(0)