台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

台湾大学での科目選択方法について

 台湾大学は9月から新しい1年が始まります。現在、科目選択中ですが、その科目選択に関して友人がblogに記事を書いているので、私もそれに付け加えて、書いておこうと思いました。
 blogの記事は、こちら。

 My NTU Life Log:台湾大学留学の記録:三年前期の選課が始まりました。

 この科目選択に関してですが、これは台湾大学のみなので、注意して下さい。私も、先日大学院の科目の選択を同じようにしましたが、方法に関しては、全く同じと言ってよいでしょう。
 また、実際に科目を選ぶ前に、開講科目の発表があり、それに関しても友人はblogの記事にしているので、こちらを参考にしてください。

 My NTU Life Log:台湾大学留学の記録:新学期の開課時間表が発表されました。

 因みに、開講科目が発表されるサイト上で、科目を選択しておくと、選課の時に、選課のサイトでその時間割を読み込むことができ、実際の科目選択上の手間が大幅に減ります。ですから、事前に受けたい科目はある程度決めておいた方が楽です。

 私が今回付け加えて書いておこう、と思った事は、実際に新学期が始まってから以降の事や、科目が選択できなかった事に関してです。

 実際、1年生や2年生の時は、思ったように講義が取れない場合があります。また、台湾大学のこれは大学部の場合ですが、1学期に最低15単位を履修しないと退学になってしまう規定があります(とはいえ、特別な理由があれば、認められます)。ですから、1学期に最低15単位は履修しなければなりません。この、選課の時に、15単位と選択できなかったらどうすればいいのか?その時は「加簽」と言う方法があります。実際に自分が受けたい講義が行われている教室へ行き、教授から許可を貰って履修する方法です。

 これは新学期の開始から第三週目までの間行なう事ができるシステムで、また実際に選択した講義が自分の思っていた内容と違っていた場合、その講義を「退選(講義を辞退する)」して、新たに別の講義を選択する事も可能です。実際に私は1年生の2学期には、選課の時に15単位取れなくて、「加簽」の時に、その講義を開いている教授に理由を話して、受講を認めてもらった経緯があります。
 また、3年生や4年生となると、卒業までの単位数の関係から、教授が4年生や3年生には「加簽」を認めてくれる傾向もあります。実際に「加簽」を受け入れる講義でも、教授が事前優先順位を4年生、3年生、と言う風に、学年が上から受け付ける様にする場合もあります。
 ですから、教授によっては、第三週目にグループレポートのグループ分けを行なったりする場合もあります。余談ではありますが、講義によっては、第一週目に出席をしない学生は、退選とみなす教授もいるので、この様に新学期が始まって以降も、講義の選択が可能だとは言え、学生側も注意しないと、せっかく選んだ講義が受けられない、なんて事もあります。

 この選課のシステムですが、一番迷ったりよく解らないのは、1年生の1学期だと思います。自分は事前に説明を受けて居なくて、なにをどうすればいいのか判らなかったのですが、以前のblogの記事にも書いた様に、必修科目だけで16単位あったので、それで済ませてしまったのです。私自身、1年の1学期は、必修科目だけで15単位以上あるのであれば、それ以上科目は選択せずに、それで選課を済ませた方がいいと思っています。理由としては、母語が中国語でない場合、台湾大学の必修科目は比較的内容が重い事に付け加えて、講義によっては英語の教科書や資料を使用する為に、最初の1学期は凡人にとっては試練とも、苦行とも言える感じになるからです。ですから、1年生の1学期は決して無理をせず、この学期を着実に履修して、自分自身の自信にも繋げる様な方法の方が、個人的には良いと思っています。

 1年生の1学期をやり抜けば、多分2学期からは、多少感覚もつかめてくると思いますし、選課の方法も解る様になってくると思います。また、講義の内容は、台湾にあるBBSのpttや、或いは先輩や同級生の意見も参考にしながら、選択するのも、一つの方法でしょう。実際に、pttに期末や中間の過去問がある科目もあります(私はpttはほとんど利用していないのと、過去問も利用しませんでした。そもそも、過去問がネット上に出回っている事を暫くの間知りませんでした)。

 出来るだけ自分が受けたい講義を履修したい、という気持ちは誰でも一緒でだと思います。ですから、出来るだけ悔いを残さない様な形で、講義を選ぶ事ができれば、また大学生活も違ってくると思います。
[PR]
Commented by なる at 2014-09-09 00:00 x
こんばんは。
前回も質問させて頂きました、なるです。

何度もすみませんがまた教えて頂きたいことがあります。
加簽の方法についてです。
志工の方に聞いたり色々調べてはいるのですが良く分からず...

直接講義が行われている教室に行き教授から許可を貰うというのは、
授業をまるまる受け、終わった後に自ら教授の元へ行くということですか?

以前、加簽について志工の方にメールで聞いたところ、このような返事が返ってきました。↓
這樣的話... 只能等開學時加簽了><
你知道各堂課的加簽方式嗎?有些是直接網路再次登記,有些要拿授權碼~ 如果要拿授權碼,就只能開學上課時到課堂上,看老師決定怎麼發放(你也可以先寫信給老師,說明你的選課意願,有些老師會優先給有向他知會過的學生~)(授權碼也是數量有限... 所以不一定每個人都能拿到,總之就是儘量多選一點會比較好^^")

先に登録が必要な教科などもあるようですが、課程大綱を見ても加簽についての記載や教授の連絡先なども見当たらず。
どうやって各教科の加簽方法を知るのか?など、???という感じです。 

本当に無知ですみませんが、何か知っていることがあれば教えて頂けると幸いです><
Commented by ken1horie at 2014-09-09 18:49
開講教授の連絡先は、My NTUから課程網を選択して、ログインした後、その科目を見れば、開講教授に関する情報も載っているので、それでメールして連絡することも可能です。また、この課程網にはシラバスも載っている場合があるので、その場合は、講義内容が大体把握できるようになっています。
私が以前に行った方法は、先ず先に教授へメールで連絡して、その講義を受けたい理由を書き、問題ないのかを確認してから、授權碼を貰って行いました。また第一週目は、加簽について、教授も話しますから、それに従って行えばいいと思います。ですから、受けたい講義があれば取り敢えずその教室に行き、教授の説明を聞いてください。第一週目は、必ず加簽についての説明があるはずなので、それで対応すればいいでしょう。また、加簽に登録が必要であれば、第一週目の講義で言うと思います。或いは、課程網の内容を確認してみてください。
Commented by なる at 2014-09-10 00:25 x
なるほど...大変参考になりました!
加簽のシステムがよく分からずにいたので少しホッとしました。
新学期が始まる前にもう一度課程網やシラバスを確認してみます。

ken1horieさんのブログ、台大新入生の私にとって参考になることばかりでよく拝見させていただいています。
見知らぬ私の質問に何度も答えて下さり本当にありがとうございました^^
これからもブログの更新を楽しみにしています。
Commented by ken1horie at 2014-09-10 22:37
なるさん
いえいえ、参考になってよかったです。
実際に学期が始まって、学生生活をしていくうちに、段々となれると思いますので、その辺はあまり心配しなくてもいいと思いますし、もし不安があれば、学部の事務所に相談する等、色々と方法はあります。あと、実際に大変でもきちんと講義を受けて、まじめにやっていれば、教授も事務所も助けてくれる場合がありますので、その辺ははっきり言うと判りやすいです(成績が良ければ尚よし)。
また、私は一切参加していませんが、台湾大学には日本人学生会もあるので、参加していれば情報は入ると思いますよ。
by ken1horie | 2014-08-21 16:23 | 台湾大学留学 | Comments(4)