台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2014年台湾大学外国人学生入学についての備忘録

 まだ合格発表はされていないのですが、今回台湾大学の大学院(マスター)の外国人学生入学を申請したので、その備忘録だけ書いておこうと思います。4年前には申請が通った時の感想の記事を書いており、また去年には、4年前に台湾大学(学部)に申請した時の記事も書いていて、去年の記事のアップデート的な意味で書いている部分もありますが、実際各学部、或は大学部と大学院(研究所)とで、申請方法に違いもあるので、繰り返しになりますが、入りたい大学へ直接問い合わせるのが、一番です。因に、代表的な各大学の問い合わせ先は、去年の記事に載っていますので、そちらを参照して下さい。

 そして、今回私は台湾大学に既に所属している人間なので、実際の申請手続きに関して、面倒な部分は殆ど有りませんでした。修了証明書や成績表、または順位表等は、実際に学校が発行しているものをそのまま利用すれば良く、私が申請をした歴史系研究所は推薦状も必要なく、それらの資料を全て電子ファイルでアップロードするだけで申請が可能でした。私はスキャナーをもっていない為に、直接アップロード出来るもの以外は、全てデジカメで写真を撮った物をアップロードする形で対処しましたが、問題はありませんでした。実際には、紙で印刷した物が必要な学部もあるみたいです(未確認)。
 実際に日本の高校や大学を卒業してから申請となると、やはり提出する卒業証書や成績表、あるいは順位表等は、台北駐日経済文化代表処での承認が必要となっているので、こちらに関しては必要数等を、やはり各大学の受付部署に確認する必要があるでしょう。
 中国語の必要語学力に関しては、私の場合大学1年生の時に、華語文能力測驗の流利級に合格していたので、特に問題はありませんでしたが、中国語能力について、不安の有る方はやはり、直接大学に問い合わせた方が良いと思います。
 また、大学院の申請では、大学院申請時に、台湾大学の外国人学生奨学金も同時に申請する事が出来ます。学費や生活費の事を考えると、同時に申請しておいた方がいいかも知れません。台湾大学の外国人学生奨学金に関しては、中華民国教育部の台湾奨学金と違い、学生のアルバイトが可能です。
 あと、中国語で書かれているものですが、外国学生来台就学弁法と言う法律をリンクしておきます。ここには、外国人学生が台湾に留学する際の条件等が書かれていますので、判らないなりにも、ざっと目を通しておけば、各大学に問い合わせる時に、何かしらの役に立つかもしれません。

 こうして記事にする際、やはりどうしても、結果的には各大学に問い合わせて下さい、となってしまうの部分が申し訳なく思っています。しかし、こればかりはやはり各大学や、同じ大学でも各学部で必要な条件や書類等が違うので、どうにもならない事だけは、ご了承下さい。
[PR]
Commented by まりん at 2014-04-18 17:52 x
はじめまして。すでに台湾留学に目をつけておられたところがすばらしいと思います。私は英語は問題ないのですが、中国語がまったくできません。国立台湾大学の大学院で勉強したいと思っているのですが、あなたさまのHPに巡り合い、参考にさせていただきたいと思っております。ありがとうございます。
これからもブログを続けてください。楽しみにしております。
Commented by ken1horie at 2014-04-18 22:36
まりん様
有り難う御座います。結局は問い合わせ先に問い合わせて下さい、と言う形にはなってしまうのですが、それでも何かのお役に立てれば、と思っています。
by ken1horie | 2014-04-09 16:32 | 台湾大学留学 | Comments(2)