台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

台湾の大学への入学申請について

 3年前の事なので、現在は状況が変わっているかも知れませんが、台湾の大学への申請の件で、このblogを訪れる方も、いるみたいなので、ちょっと書いておこうと思います。最初に注意事項として上げておきますが、各台湾の大学のサイトに、外国人入学の申請のページはありますし、疑問な点があれば、英語及び中国語のメールで問い合わせすれば、返答は得られます。ですから、このエントリーは、あくまでも参考として考えて下さい。また、大学への入学申請に関して全て自分で処理した為に、エージェント等を通して行う場合のやり取り等は全く判りませんので、その点に関してはご了承下さい。
2014.04.17追記
 台湾大学へ申請が通った時の感想と、今年(2014年)に大学院へ申請した時の備忘録も書いてあります。

 さて私の場合ですが、申請した大学は、台湾大学の大学部です。なので、台湾大学の例に依って書きます。各学部によって、申請書類の種類や部数、また要求される中国語のレベルが、違いますので、これは大学へ申請する場合、必ず各大学のウェブサイトで確認して下さい。また、提出する書類は、台北駐日経済文化代表処の承認が必要となる筈で、それも何の書類に承認が必要なのかと、必要枚数が決められていると思いますので、その通りに準備して下さい。因に、高専3年修了で申請する場合は、過去のエントリーを参考にして頂けると、良いでしょう。ですが、それでも私は実際に大学へ、書類の実物を持って行き、問題ないかを確認しました。なので、高専3年修了以上の中退者の場合は、書類に関して確認作業が必要になるかも知れません。

 学校の中国語レベルの要求についてですが、3年前に私が当時、台湾大学の外国人学生入学申請の担当者から聞いた話しでは、あくまでも目安で、申請時にそのレベルに達していなくても申請可能、との事でした。やはり、この点に関しても不安であれば、確認するのが間違いないでしょう。ただ、実際に中国語力が不足している場合、台湾大学の場合は、1年間語学センターへ通う事になります。台湾大学では、入学前の中国語力と英語力の確認テストで、語学センターへ1年行くか、通常の国文(所謂大学生の必修中国語クラス。ただ、外国人専用クラスが開講されます。)の授業を受けるかと、各英語レベルに合わせた英語の授業のクラス分けが行われます。
 私自身は、中国語力テストを幸いにもパス出来たので、語学センター行きは、免れましたが、単位とは無関係な授業で、割と時間も取られる為に、出来る事なら行く事を避けたいものです。

 申請に関してラッキーだったのは、その当時に師範大学の国語中心に通っており、台北在住だった為、直接台湾大学の窓口へ行き、申請書類一式を直接持って行き、確認してもらえた事でした。ただ、既に日本で中国語を学び、或は英語も学び、それなりのレベルに達している方は、日本から直接の申請になると思います。ですが、そういう方は問題なく各大学へ直接問い合わせが可能な語学レベルがあると思います。なので、そういう方は、各大学へ問い合わせた方が間違いがないでしょう(多分、大学院に申請する方が該当すると思います。)。

 このエントリーに関して、何も詳細な事を書いていないじゃないか、と非難する方も居ると思います。ですが、各大学の各学部に依って必要書類が違う為に、こういう書き方しか出来ないのです。また、申請の方法や、必要語学レベルも、3年前と変わっている可能性もある為に、こんな書き方しか出来ない事を、ご容赦下さい。どちらにせよ、一番良い方法は、直接行きたい大学へ質問する事です。

 参考としてですが、代表的な台湾大学のサイトのリンクを貼っておきます。

 台湾大学
 http://www.oia.ntu.edu.tw/oia/index.php/
 台湾師範大学
 http://ap.itc.ntnu.edu.tw/istudent/PT/AD/admission.jsp
 政治大学
 http://aca.nccu.edu.tw/p5-affair.asp
 成功大学
 http://oia.ncku.edu.tw/bin/home.php
 中山大学
 http://exm.oaa.nsysu.edu.tw/files/11-1005-3946-1.php?Lang=zh-tw

 其の他の大学に関しても、Googleで検索すれば問題なく出て来ます。そこから、サイトマップを見て、目的のページにたどり着く事が出来ると思います。また、各大学共に、基本的には英語版のサイトも同時に開設してある筈なので、そちらで確認するのも良いでしょう。

 また、私自身が申請した当時ですが、メールでの問い合わせに関して、英語で返信が来た事もありました。外国人学生の場合、中国語よりも英語の方が通じる、と言うイメージがあるらしいので、そういう事もあるかも知れません。そして現在でも、外国人学生向けのメールは、基本的には英語で最初に書かれた後に、中国語で書いてある形になっています。以前にも書きましたが、まさか中国語だけではなく、ここまで英語も必要になるとは、思っていなかった部分も有り、そういう意味では、英語が嫌だから台湾で、と言う方には、台湾大学は向かないかも知れません(師範大学や政治大学の学生さんも、英語を話せる学生が多いらしい)。余談ですが、私も今更ながら英語学習をしております。

 どちらにせよ、blogに於いて書ける事は限られています。もし、不明な点が有れば、何が不明で判らないのか、を整理して、各大学の窓口に問い合わせる事が、一番の近道である、と私は考えていますし、実際に私自身も、申請の時に必要書類を揃えた後、窓口に確認して、それでそのままその場で申請をしました。日本に居ると、そういうのは難しいかも知れませんが、ちゃんと内容を確認すれば、まず問題にはならないと思います。ここで英語の話に戻ってしまいますが、高卒レベルの英語力があれば、まず多少の面倒はあっても、英語のメールでの問い合わせが可能になる筈です。それは、海外で何かをする時には、どうしても英語+現地語と言う風にならざるを得ない印象が最近あるのです。台湾の大学への入学申請をする時に、そんな事も頭の片隅に置いておいてもらえれば、と思うのです。
[PR]
by ken1horie | 2013-02-17 16:36 | 台湾大学留学 | Comments(0)