台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

台南と玉井への旅

 2週間前程、友人が台南の玉井へ遊びに行った時のお土産で貰った、ドライマンゴーが本当に美味しかったので、急遽玉井へ行く事にしました。ただ、玉井だけで日帰りするとなると、台湾新幹線(高鐵)を使わなければならないので、それなら長距離バスで台南へ行って、1日目は台南観光、2日目は玉井へ行って帰って来る方が、結果的には色々楽しめそうなので、1泊2日で計画を立てました。

 今回、行きは和欣客運で台南に向かい、帰りは台湾鉄道で台北に戻って来る事にしました。

 今回台南に向かうバスのシートは、こんな感じ。平日でしたので、片道料金はNT$399でした。シートはとても快適で、台湾鉄道に乗るよりも、こちらの方がいいかも知れません。料金は、週末になると値上がりしますので、上にリンクしておきましたバス会社のサイトを参考にして下さい。
d0127529_23372024.jpg

 台南では、特に観光らしい事はせず、ぶらぶらっと散策して小吃を堪能する事にしました。2回台南には行っていますが、そこまで小吃を堪能した事は無かったのです。写真はありませんが、今回は本当に、食べました。担仔麵蝦卷碗粿水果冰鱔魚炒意麵冬瓜茶(冬瓜檸檬)棺材板肉圓豆花と台南で、これだけ沢山の物を食べた事は、今までありませんでした。

 そして、台南で意外だったのは、夜の赤崁樓がとても美しかったのです。個人的にも、夜の赤崁樓は、お勧めです。
d0127529_23495893.jpg

d0127529_23501451.jpg

 2日目は、目的である、マンゴーの聖地玉井へ行きました。今の時期は台南もそうですが、午後になると激しい雨が降る確立が高いのです。実際、1日目の台南では、豆花を食べている時に、激しい雨と雷雨に見舞われましたが、運良くお店の中で雨宿りが出来た為に、影響をそんなに受けませんでした。
 さて、玉井ですが、台南駅から路線バスで向かいました。所要時間は片道約1時間半弱でしょうか。料金は、片道NT$125です。バス会社名は興南客運。バス会社のサイトで、料金と路線図の確認が出来ますので、参考にして下さい。
 午後の雨を避ける為に、早めに出発し、午前10時前には玉井に着きました。お店もまだ開いていなかった為に、玉井農會の直営店で、マンゴーかき氷を堪能してきました。ここは朝の8:00から開いています。
d0127529_23574515.jpg

 このマンゴーかき氷は、NT$100だったのですが、量が多く、2つオーダーしようとしたところ、店員さんから止められたくらいでした。確かに友人と2人で食べて大満足の量で、味も美味しかったです。個人的にも量が多いと思いますので、一人で食べる事はお勧めしません。また、この直営店の隣には、マンゴーの選別場があり見学も可能で(でも現場に居られる職員さんには一言声を掛けて下さい)、マンゴーとドライマンゴーを購入する事が出来ます。また、購入したマンゴーやドライマンゴーは台湾国内への発送も可能なので(あくまで台湾国内のみ。国外発送はしておりません)、バスで行っても、気兼ねする事無くマンゴーを買う事が出来ます。因に、発送料はNT$100。玉井農會はサイトを持っていますので、確認してみるのも、いいと思います。また、玉井への行き方は、旅旅台北にも、載っています。
 農會以外にも、玉井の市場を見て来ました。
d0127529_062299.jpg

 市場でもマンゴーは買えて、もしかしたら農會よりも安いかも知れないのですし、市場でも宅急便での発送サービスは、していました。ただ、今回農會で買う事にしたのは、籠ではなくて、箱の物が購入出来た事、私は閩南語が全くダメな事、たまたま運良くその日の朝採りマンゴーを買え、それを発送する為の送り状を貼る所まで確認出来た事が主な理由でした。
 本日届いたマンゴーは、こんな感じです。11個入りで、6kgでNT$700のを購入しました。
d0127529_010563.jpg

 実は、届いてから早速1個食べたのですが、信じられないくらいジューシーで、今まで食べた中で一番美味しかったかも知れない、と言うくらいでした。昨日の朝採ったもので、本日問題なく食べ頃になっている、と言う事は木でほぼ熟していると思います。

 台南からの帰りは、ちょうど良い時間に、莒光號があり、それも自強と変わらない所用時間4時間弱で台北に着く事と、観光列車で券なし乗車が不可能な列車だった為、それを利用して帰って来ました。料金は、長距離バスよりも若干高めですが、こう言う列車を上手に利用するのも、面白いと思います。ただ、正直に言うと、座席のシートは、行きに乗った長距離バスに軍配が上がりました。

 実際に玉井に行くまでは、割と面倒かな?と思っていたのですが、バスの本数も割とあり、何しろ、台南玉井間のバスも運行されている為に、行きも帰りも始点から終点まで乗る為、途中下車がなく不安な点がないのです。ですから、玉井へ行くのでしたら、日帰りではなく、台南観光も兼ねて行かれる事をお勧めします。但し日本語は全く通じませんので、その点だけ注意して下さい。中国語は問題なく通じるのですが、私自身も、せめて喋れなくても閩南語が聞き取れればなぁ、と感じた部分もありました。実際に、マンゴーを買って代金を支払う時に、閩南語で言われて、ぽかんとしていたら、別の職員さんが「中国語で言ってあげなきゃダメだよ」って言っていましたから(苦笑)。
 でも、やはりマンゴー好きにはお勧めの場所ですし、行くだけの価値がある場所だと思います。

(SONY α33+TAMRON SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF])
[PR]
by ken1horie | 2012-07-28 00:33 | 台湾 | Comments(0)