台湾その日暮らし


by ken1horie
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

台湾、好

 捷運中山站(MRT中山駅)近くに「台湾、好」と言うお店があります。
 台湾の伝統的な物産等を扱うお店で、1階はショップに、2階はイベントスペースになっています。台湾紅茶や、さまざまな伝統的な工芸品を扱っているので、何時も台湾のお土産に鳳梨酥(これはこれで、無難で良いですが。)ばかりで、ちょっと悩んでいる方には、お勧めかも知れません(とは言え、バラマキ土産は難しいかも。)。

 ホームページは、こちら。
 http://www.lovelytaiwan.org.tw/

 今現在、泰雅族(タイヤル族。台湾原住民の一部族。)の織物展示販売会が、2階のイベントスペースで行われていたので、行ってきました。

 実を言うと、台湾に来た当初、烏來(台北南部の温泉がある観光地として有名。しかし、当時は殆ど中国語が喋れないのに、よく一人でバスに乗って行ったな。)に行き、烏來泰雅民族博物館で泰雅族の織物を見た時に、いいな、と感じていて、当時からショルダーバッグでもあれば、欲しいと思っていたのです。

 写真は、良くないのですが、買ってきたショルダーバッグは、こちら。
 ショルダー部の織物の紋様の素朴な味わいの中に優雅さと緻密さを兼ね備えて、とても気に入りました。また、本体部分も、泰雅の伝統の紋様が織り込まれています。

d0127529_2253217.jpg


d0127529_2254018.jpg


 因みに、お値段はNT$2800(日本円にして、8500円強。)と高めですが、布地自体が、手織りである事を考えると、かなりお値打ち価格だと思います。
 
 実は、このバッグを買って、物の値段と価値、コストって、何なんだろうと、改めて考えてしまいました。このバッグ、単純に値段だけを見たら、高い、と言わざるを得ないでしょう。ですが、布地自体も伝統的な手法の手織りで、バッグの縫製も人の手により、作られている事を考えたら、自分としては、お値打ち価格ではないのか、と考えてしまうのです。それを購入して、使うことは、その伝統や文化、それを継承する人達への、正当な報酬になってほしい。また、少しでもリスペクトになるのであれば、そう願わずにいられないのです。

 経済の自由化や、グローバル化は、避けて通れない道ですし、今更後戻りなんて、出来ないでしょう。ですが、この様な伝統や文化に対する価値観も、見つめ直せればいいな、と。そして、それは共存可能だと(個人や国家の文化的成熟度次第ではありますが。)、改めて感じました。
[PR]
by ken1horie | 2009-08-01 23:19 | 台湾 | Comments(0)